市民劇団の再スタート [イーハトーボの劇列車]



9月16,17日、えーるピア 久留米でくるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」の第8回本公演「イーハトーボの劇列車」が上演された。創設9年目のほとめき倶楽部だが、昨年は久留米シティプラザの演劇祭への参加のため、劇団独自の本公演としては8回目。

ほとめき倶楽部は平成21年、旧久留米市民会館の自主事業の一つとして旗揚げした久留米初の市民劇団だ。老若男女、誰でも参加出来る劇団として、上は70代から高校生まで、そして在野のアマチュア劇団からも参加と協力を得、文字通り多彩な顔ぶれでスタートした。

だが団員の願いも虚しく、久留米シティプラザの創設に伴い、市民会館の閉鎖とともにこの劇団はその足場をなくした。「市民劇団」を標榜し続けているが、日々の稽古場を探し、個人宅などに道具を預け、苦労しながら活動を続けており、今やその活動基盤は一般のアマチュア劇団と何ら変わりはない。

新しい久留米シティプラザでは「くるめ演劇塾」という事業が自主運営されている。演劇の面白さを伝え、演劇文化を根付かせるため?年齢制限なしに、誰でも参加出来ると、門戸を開いている。昨年は延べ120人程度が参加したらしい。「プラ座コース」による発表公演も行われた。結構なことだ。

しかし、どうやら市民劇団的な発想はここにはないらしい。この中から、たとえば新しいアマチュア劇団が誕生することなどあるのだろうか。

劇団を旗揚げするというのは、並大抵のエネルギーでは出来ない。仲間を募り、稽古場を確保し、ホン(脚本)を書き、あるいは選び、道具をつくり、公演を目指せば、会場を確保し、いくばくかの資金を調達し、フライヤー、チケットをつくり、これを手売りして行かなければならない。演じることが好きだから、だけではとても出来ない。

だがしかし、そういうありとあらゆるハードルを無視してでも「何かを創りたい」「表現出来る場を持ちたい」という強烈なインセンティブがあって初めて旗揚げへと漕ぎ着ける。こんな無謀な思いつきを実行出来るのは、後先考えない若者の特権とも云えるが、それでも「バカ」がつく希有な存在でなければならない。

立ち上げの経緯は様々だが、そうやって旗揚げしたアマチュア劇団が、久留米にもいくつか存在する。しかし、演じること以外の膨大な作業をこなすと、その先にはたぶん、喝采を受け、感動するという舞台本来の楽しみの他に想像出来なかった充実感が待っているものだ。それは仲間とのふれあいであったり、多くの人との出会いであったりするが、何かをやり遂げるという、たぐいまれな達成感なのだ。

他の何ものにも代え難い楽しさをそこに見いだしたからこそ、そういう活動を続けるのだ。そして、ぐったりと疲れ果て、また「次は何をやろうか」とふつふつとたくらみを思いつく。そんな思いつきを実行しようとする行動力ある輩こそ、地元に必要な人材、応援すべき人材ではないだろうか。

・・ハナシが芝居からそれそうになるな(苦笑) 演劇に興味を持つ新人の発掘も大切だ。久留米シティプラザの「くるめ演劇塾」から、将来、中央で活躍する人材が出るようになれば確かに素晴らしい。が、地元にとどまり、生活の一部として演劇との関わりを続けていく、そんなアマチュア演劇人を有機的に結びつけ、サポートするという視点がない。

文化とは、所詮「あそび」だ。誰にも邪魔されずにその世界に没頭出来る、夢中になれるからこそ「あそび」は面白い。最近「恊働」という言葉を良く耳にするが「久留米って面白い、楽しい」と云わせる気があるなら、森よりも木を選んで育てることも大切。「活力」は面白さの中にこそ存在する。

そして文化はその集大成として評価を受けるものだ。スクラップ&ビルドも時には必要だが、毎回毎回切り捨てていては、とても文化の創出はおぼつかない。活かし続けてこそ文化は育つものだと思うし、飽きない「面白さ」が、きっと「商い」に結びつく。

・・・やっぱりハナシが脱線しそうなのでこの辺で終わっときます。



久留米の演劇情報誌 [actorscafe.jp]


舞台「HandY-ハンディ-」

0001

仕事でどうしても外せず、19:00の開演に間に合わない。雨をついてTAXIを飛ばし、久留米シティプラザのエスカレーターを駆け上がり、ばたばたと上手二階席へ。後半からの観劇になったが、それでも充分に楽しむことが出来た。

シャープでキレッキレのふたりの役者の演技、間を取らせないテンポとリズム感。舞台上には、全編を音で表現してゆくピアニストとグランドピアノのほかは、イスやテーブルなど様々に活用される4つのボックスだけというシンプルな舞台構成は、観る者の想像力をかき立て、物語に集中させ、非常に効果的だった。

扱い方によっては御涙頂戴や、ベタな芝居に陥りがちなテーマな気がするが、センスあふれる見事な演出だったと思う。「第13回杉並演劇祭大賞受賞作品」というのは伊達ではない・・半分しか観とらんでエラそうなことは云えんけど。

それに二階席からの観劇だったせいもあるが、久留米座の黒ベースの舞台とやや残響が押さえられた音響空間は、ここがまさに芝居のための小屋であることをあらためて印象づけられた。

先に入場していたカミサンと娘はそれぞれに手話をやっている。舞台上のふたりのやり取りは、もちろん、手話を交えたものだったが、シーンによっては健常者同士のやり取りって場面もあり、ろう者には楽しめない部分もあったかも?という感想だった。そもそもピアノで物語の効果を得てゆくことからして全編手話ということにはならないのだが「観る」音というのもあるんじゃないかなと思う。

洋画を字幕で観ることだって、ネイティブにしか分からないシーンはたぶんそこかしこにあるだろうし、それと似たようなもんかもしれないっしょ。聞いてみないとわからんけど。

ともあれ家族で一緒に観ることが出来たのはよかったです。子どもが小さい頃は一緒に映画などを観に行く機会も多かったけど、ホントに久しぶりだった。ありがとうございました。

15日は福岡市博多区祇園町、ぽんプラザホールで、九州3公演の最後の公演となります。まだ観てない方も観た方もぜひお出かけください。

さて、週末はくるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」の本公演「イーハトーボの劇列車」が待っている。こちらは久留米座ではなく、えーるピア久留米だが、皆さま、どうぞよろしくお願いします。

青みかん

0001

果物はよく食べる。今なら、巨峰、梨、林檎、ブルーベリー...といろいろ食べているが、なんと云っても一番好きなのが「青みかん」。蜜柑が出はなの時季、たまにしか見かけないけど、あのはっきりした酸っぱさと程よい甘さが堪らん。

もう9月だし、どこかにないものかと思っていたが、たまにスーパーで見かけるハウスものは高くて甘い。ちがうちがう、酸っぱさが命なんだ。

ということで色々と検索してみるが、蜜柑の本場、愛媛や和歌山でも発送は今月末かららしい。カミサンがTVで見たことがあると云って色々と探してくれた中に、ようやく見つけました。JA唐津うまかもん市場

ちょーっとお高い買い物だったが思い切って5kgの箱を注文、本日届きました。味は思い通りの酸っぱさで満足。もう既に今日だけで10個くらい食べてしまった(苦笑)

それにしても昔、カミサンに買ってもらったあの見事な青みかんはどこでつくられたものだったのかしら。日付を見ると7月になってるんだけどなあ。



0001 過去記事:青いみかん
 [July 23, 2012 14:13 ] [kurumejin.jp/51369041

還暦祝

001

妹の還暦祝い
「焼き肉、焼きとり、魚料理、とうふ料理...何がいい?」

と聞くと、とうふ料理がいいと云う。

梅の花は結構使うことがあるし、東京にもお店があるので今回はもう一軒のとうふ料理屋さん「梅乃家」さんにお邪魔した。・・・まあ料理の出てくること出てくること...頼んだコースでは15品も出て来た。お腹いっぱいになりました。

まあ、強いて云えば、決して狭くはなかったとはいえ、せっかくの還暦祝い、もう少しゆとりのあるお座敷が欲しかったかな。街なかの料理屋さんであまり云っても仕方ないけど。

でも、美味しかったですよ。お世話になりました。



とうふ処 梅乃家 [umenoya-tofu.com]

心太

20170827

高良山に心太を食べに行く。
相変わらず、自家製の素朴な味が美味しいね。




高良山茶屋 望郷亭 [google.co.jp/maps/place/高良山茶屋+望郷亭]
SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • 舞台「HandY-ハンディ-」
  • 青みかん
  • 青みかん
  • 還暦祝
  • 心太
  • 夏祭り
  • 舞台「HandY」
  • イーハトーボの劇列車
  • ご自由にお持ちください
  • Mercedes Benz G63AMG-6x6 !!
  • 気温35度 子ども太鼓フェスティバル
  • 余市の便り
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search