納戸 健次氏 逝く

top

水の祭典がはじまった昭和47年から、永くまつりのデザインを請け負って来たデザイナーの納戸 健次さんが亡くなられた。まだ72才。水の祭典は今年が47回、春先に打ち合せをした時には「納戸さん、後3年、50周年まで頑張りましょう!」と云ってたのに、それも叶わないことになりました。

訃報を聞いた日、新聞社から取材が入ったけど、記者の問いかけに答えているうちに次から次へと納戸さんの優しい笑顔が思い浮かんで来る。若い記者には「くるっぱ」の生みの親的なイメージしかないようだったが、わたしにとっては水の祭典こそが納戸 健次そのものだった。

色々と思い出話はあるのだが、某冊子の表紙デザインを飾っていた納戸さんの絵が、あるとき写真ベースのデザインに変わっていた。「納戸さん、絵を描いてくださいよ。写真のレイアウトは誰でも出来る。納戸さんの絵が見たかです」と、偉そうに云っていたら、次の号からまたきっちりと納戸さんの絵が表紙を飾るようになった。

葬儀の会場にはNewYorkデザインオブイラストレーターズ国際部門金賞受賞の作品他、納戸さんの輝かしい経歴と作品の一部が展示してあったけど、やっぱりまつりが一番、納戸さんらしい。

「今村くん、ありがとうね。あんたがおってくれたけん、よかった〜。よろしく頼んどくばい」

最近は、会う度にそう云ってくれていた納戸さん。今でも明治通りお祭り広場の街路からひょっこりとあの笑顔に出会えるような気がするよ。 合掌


納戸 健次 [Noto Kenji]
1945年/城島に生まれる。1988年/デザインルーム納戸設立1978年/九州グラフィック展示員賞(以後6回受賞)1981年/ニューヨークソサエティオブイラストレーターズ国際部門金賞1984年/久留米市芸術奨励賞 海外留学ヨーロッパ研修2004年/第60回福岡県展(会員の部)美術協会賞(以後62回・67回受賞)2007年/第63回福岡県展(会員の部)美術協会保人家20周年記念特別賞主な仕事/石橋文化センター40周年ポスター/久留米市制100年各事業ポスター/水の祭典久留米まつり/桐島酒造カレンダー/石橋文化センター50周年誌など
※(社)福岡県美術協会会報:FAS 43号より


※画像は平成3年第29回水の祭典記念手ぬぐいデザイン

青みかん

01

ネットで既に1箱、予約を入れているのだけど、それより先におヨメさんの実家から今年も届きました。青みかん。到着間もなく、パクパクといただいています。

う〜ん・・・この鮮烈な酸っぱさが最高(笑)

しばらくは左手親指のさきっちょが黄色いままになるシーズンがやってきました。今年は何箱食べるやろうか。

赤ずきんちゃん...Digest Movie



くるめ市民劇団ほとめき倶楽部 第9回本公演「赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス」の Digest Movie[00:06:56]です。

ほとめき倶楽部では、初の足立演出。個人的には何と云うか、不条理とか不思議さ的な別役らしさを期待してしまうが、この作品自体がそうなのか、そう云うことはともかく、見方を変えれば楽しめるミュージカルとしてよく仕上がっていた作品だったと思う。

フルムービーもアップされていますが、まずはDigest版をどうぞ。


赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマスFull Movie [久留米の演劇情報誌:Actors Cafe']

くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」第9回本公演*赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス

001

ぼやぼやしているうちに、あと2週間になってしまいました。くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」第9回本公演*赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス のお知らせです。

別役 実作。別役と云えば不条理劇、というイメージなんだがこの作品はちょっと違う感じ。まるでミュージカルのような仕立てになっている。「ほとめき倶楽部」は、今回から演出が足立久美子に変わった。この作品をどう料理するのか、楽しみだ。

・・と、1日明けた9月17日はDr.BUNBUN子ども医学部のイベント。まあ、今年は水の祭典からずっとスケジュールが超タイト。自分でも何やってんだか落ち着かない日々...(爆)


久留米の演劇情報誌 [actorscafe.jp]

迎え火

000

娘とカミサンが東京に行っているので、ひとりでぼちぼち、お盆の支度をする。提灯を出し、迎え火の今日は小さなお膳を用意し、だんご粉を練ってお供え。

今年、祖父の墓所を守っていたはずの叔父が、いつの間にか納骨堂へと代々の墓を移し、元々の墓所が更地になっていた。は?と面食らっていたが、幸いまだ他人の手には渡っておらず、お寺さんに伝えてウチで使うことに。

図らずも「買い戻す」ことになった訳だが、元々この叔父、祖父から譲り受けた家屋敷を借金のカタに押さえられ、この時は泣きつかれた母が買い戻した。独立自営の家業を営む代々の家風と違って、大学出て高校教師になった叔父。他の兄弟とは考え方が違い、生涯仲違いしたままだったのは理解するが、代々のお墓がそれではいかんやろ。叔父には「儀」という字は無いんだろうな。

お寺さんとのおつきあいもそこそこで、年に1〜2度しか墓参りに行かなかったわたしだが、たまたま運良く買い戻せたのは祖父や父の導きだったんだろうなと思う。今後はもう少しきちっとやらなくては、と襟を正す。

8月7日、立秋。妹の誕生日でもあるんだが、お寺さんに永代使用料を納め、これから墓石を建立する段取り。元々の墓所は2区画分あったということで、生まれてすぐ、名も無く亡くなったわたしの兄が祀られた北側の区画をいただいた。

住職も「なんで2区画分だったんでしょうね」と宣っておられたが、生前、熱心にお寺におつとめし、多くの雲水を自宅にまで呼んで食を振る舞っていた祖父をよくご存じないんだろうなと思う。わたしには全く不思議はない。とはいえ、そのまま2区画使わせてくれと云うほどの甲斐性もないが。

さて、迎え火の今日、父は帰って来ているだろうか。これでいいよね、親父。

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • 納戸 健次氏 逝く
  • 青みかん
  • くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」第9回本公演*赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス
  • 迎え火
  • 蜩(ヒグラシ)とツクツク法師 還暦ライダー (2)
  • analog感 還暦ライダー (1)
  • 老兵は・・・(2)
  • 老兵は・・・(1)
  • イマなんじ? [劇団ゼロ 6月公演]
  • 吹奏楽な季節
  • Stephen William Hawking's Death
  • 河津櫻
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search