あいかわアンビシャス広場かわらばん【ARCHIVES】




広場の子供達の様子を伝え、地域の方々の協力やご理解を得易いようにと、開所以来毎月1200部(小学校在校生全所帯配付+校区回覧板/Tabloid版 2 page)発行、同時にネットでPDF版を発行してきました。

おかげで地域の方に「アンビシャスとはなんぞや?」的な認識から「子どもば遊ばせる広場」くらいには、少しづつ理解してきていただいていると思います。

2004年は予算の都合&私の時間不足から、満足に発行できませんでしたが、今後も各学期に1号づつは発行していこうと思っています。

最近は物騒な世の中ですので、これまでは各号PDFをフリーでダウンロードできるようにしていましたが、今後はご希望があるところに送らせていただくようにいたします。保護者の方、また教育関係者の方等でご希望があれば、ダウンロードデータを送りますので御連絡ください。

PDFファイル希望など連絡先
あいかわアンビシャス広場


2005年3月号 PDFFile size 2Mb
※Tabloid.4page
・子どもとあそぼう/青少年アンビシャス事業表彰式/協力していただいた方々.etc...

2004年4月号 PDFFile size 1Mb
・とっぴんしゃん/卒業生へ/新1年生へ.etc...

2004年3月号 PDFFile size 1Mb
・ネイチャーゲーム/春夏秋冬/三村先生から

2004年2月号 PDFFile size 1Mb
・さぎっちょ/料理教室/こどもたちの声.etc...

2004年1月号 PDFFile size 1Mb
・クリスマス会/ネイチャーゲーム秋編/映画鑑賞会.etc...

2003年12月号 PDFFile size 1Mb
・合川ふれ愛文化祭/空き缶拾い/バドミントン.etc...

2003年11月号 PDFFile size 1Mb
・あいかわウォークラリー/ランプシェイド陶芸〜/手品・腹話術.etc...

2003年10月号 PDFFile size 1Mb
・水の祭典久留米まつり/料理教室・みそづくり〜/囲碁・将棋.etc...

2003年8-9月号 PDFFile size 1100kb
・学校キャンプ特集

2003年7月号 PDFFile size 812kb
・親子で楽しむ音楽会/プールで魚つかみ.etc...

2003年6月号 PDFFile size 820kb
・ネイチャーゲーム/春編/高良川ゴミ拾い.etc...

2003年5月号 PDFFile size 816kb
・アンビシャスファーム/久留米つつじマーチ/子ども会に入ろう!etc...

2003年4月号 PDFFile size 536kb
・プールで魚釣り/料理教室etc...

2003年3月号 PDFFile size 952kb
・人形劇観劇会/自転車競技etc...

2003年2月号 PDFFile size 760kb
・さぎっちょ/クリスマス会etc...

2003年1月号 PDFFile size 510kb
・大型ブラックシアター/プールで魚釣り/親子清掃.etc...

2002年12月号 PDFFile size 687kb
・合川ふれ愛文化祭/桑野先生講演会/絵本大好き会.etc...

2002年11月号 PDFFile size 513kb
・コスモスまつり/竹細工/虫取り.etc...

創刊号(2002年10月) PDFFile size 1.5Mb
※Tabloid.4page/Color
・学校キャンプ/広場開所式/水の祭典.etc...

イワイスポーツサイクル

「トライアスロン・ロードのメッカ」という謳い文句に違わず、サイクルスポーツをやる者にとっては有名な自転車屋さんだ。地元よりどちらかというと広く県外でその名が知れ渡っている。先月リニュアルオープンし、ショップが広く、明るくなった。

店内にはTREK・COLNAGO・PINARELLO・LOOK...海外の一流ブランドバイクがずらり勢揃いしている。他にも最近復活してきたリカンベントやフォールディングバイクもPEUGEOT・r&mなどカラフルなバイクが盛りだくさん。見ているだけでも充分愉しい。

トライアスロンという競技がまだ日本であまり認知もされていなかった1982年、「久留米トライアスロン」といういわゆる「草」レースが始まった。作り上げたのはイワイを初めとする地元の草アスリート達。有名な「アイアンマンハワイ」が始まった1978年からわずか4年後だ。如何に真摯の徽章に富んでいたかわかろうというもの。

以来、この久留米トライアスロンは約20年間続き、その後は現在行われている「筑後川トライアスロン大会」へシフトしていった。いづれも地元アスリート達のボランティア精神によって支えられている。同大会は今年で6年目になるが、毎年300人以上の選手が参加する人気大会だ。

イワイさんとどっぷり付き合うようになったのもこの頃からかなあ。御世話になっています。

ショップに出入りするお客さんも個性派ぞろいだ。トライアスロンの「スーパーマンクラブ」、ロードの「パラボラ」と二つの主宰するクラブチームの他、チームスクバロなど様々な仲間たちが集う。それぞれに練習会などの活動も盛んで活気がある。

さて、明日は宮古島で第21回全日本トライアスロン宮古島大会がある。イワイさん率いるスーパーマンクラブなど久留米からも多数の選手や応援団が昨日宮古入りした。イワイさんの処のブログでレース速報を見ることが出来そうだ。お天気も良さそうだし、ぜひみんな頑張ってほしいね。


イワイスポーツサイクル
http://iwaisport.com/
イワイスポーツサイクルマップ

livedoorMAP
福岡県久留米市野中町

イワイスポーツBLOG〜宮古島大会速報
http://blog.livedoor.jp/iwaisport/
第21回全日本トライアスロン宮古島大会公式ページ
http://www.miyako-net.ne.jp/~strong/
筑後川トライアスロン大会
http://seagulls.co.jp/triathlon/
久留米トライアスロン第21回大会
http://iwaisport.com/triathlon/21th/21th.html

ブログのカスタマイズ(5)バナーの貼付

暇つぶしに、またまたブログのカスタマイズ(苦笑)

*copyright
今回はちょっとあそびでサイドバーの下部に「made on a Mac」のバナー貼付。このバナーはアップルのサイトから貰ってこれる。要するにアップル製のハードやソフトを使ってサイト構築するところには自由に貼れると云うわけだ。細かい規制もあるので、詳しくはアップルのサイトを見てください。

サイドバー最下部には通常「powered・livedoorBlogのロゴ」と「syndicate」と「このBlogをチェッカーズに追加」と「このBlogをリーダーに追加」とが並んでいる。この上の部分の「カテゴリー」や「アーカイブ」などは左詰めなのだが、「powered」以下は幅117pixlでセンター揃いになっている。ここがちょっと気にくわなかったので、バナー貼付のついでに全部左揃えを試みてみた。

そんな細かいところを・・とも思うが、そんな細かいところにこだわるのがデザイナー流(笑) 簡単に出来ると思っていたら、意外と骨を折ってしまった。

そのままHTMLを加工すると、blog本文の処までビロ〜〜ンとはみ出してきてしまう。結局、テーブルタグを組み直して狙い通りにおさまった。HTMLが分かる人はトップページのソースの下の方を見てもらえれば分かります。

しかし!どうやら「powered・livedoorBlogのロゴ」と「syndicate」はcssとHTMLだけを触っても変更が効かないようになっている。マスターのxmlをさわれないと難しいかも。

そりゃ、看板だからこれを外すというのは御法度だろうけど、置場所くらい変えられないものかと思いますが、どなたかやり方をご存じなら教えてほしいね。


アップルWebバッジ
http://www.apple.com/jp/about/webbadges/
*copyright : Mac and the Mac logo are trademarks of Apple Computer, Inc., registered in the U.S. and other countries. The Made on a Mac Badge is a trademark of Apple Computer, Inc., used with permission.
(Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています)

内田勘太郎

残念ながら今回はウチ(シーガル)ではないが、まもなく行われる大好きな内田勘太郎のLIVE情報をちょこっと。

内田勘太郎 SOLO LIVE in KURUME vol.2
・DATE. 2005.4.22(FRI) Open/18:00 Start/18:30
・TICKET. reserve.3,000 yen doors.3,500 yen(with 1 drink)
・イズミホール(IZUMI Hall)久留米市六ツ門町(泉屋酒販(株)本社ビル3F)
livedoorMAP[地図]
・INQUIRY Phone.0942-32-7111
・Opening Act:TOMO 小雪
・Produce : 久留米勘太郎会
・E-MAIL : info@tarzan-sound.com

内田勘太郎との最初の出会いは、199x年(はっきり覚えてない)にウチのホールでやった憂歌団のライブだった。PAは日田のT氏だったのかなあ。憂歌団は高校時代から仲間内では、はや伝説のバンドと化していて、大ヒット即放送禁止歌となった「ビルのおそうじおばちゃん」他、様々な楽曲を雑誌のコード進行付き譜面を横目にギター弾きながら唄っていた。そういや、ブルースのコード進行なるものを漠然と気にし始めたのもこの頃だったなあ。

当時の憂歌団はどちらかというと勘太郎よりはボーカルの木村クンの個性が強烈で、とっかかりはやっぱり「ゲゲゲの鬼太郎」のあのしゃがれ声だった。勘太郎の存在を知ったのは、憂歌団をある程度聞き込んでからだったと思う。

「憂歌団にはすごいギタリストが居る」

何でウチのホールでやることになったのかもはやよく覚えていないが、話が来たときには二つ返事でやろうと決めていた。ホールのキャパは200人。ひょっとすると入りきらんかも知れんと思ったのと、10〜20代の頃演劇の世界に足を突っ込んでいて、赤テントの状況劇場公演などを経験していたからか、即座に思いついたのは「半分、桟敷にしよう」だった。詰め込みが利く。

ドサまわりのテント劇と憂歌団のイメージが私の中ではピッタリと重なっていたのかも知れない。

多少面くらい気味なお客さんに入口で靴を入れるビニール袋を配りながら、いざ開演・・・シビレタ!今の出で立ちと雰囲気がちがって、当時の勘太郎は確か多少ぼさぼさの長めの髪にサングラスって感じだったような気がする。

カルピスのビンだったとか聞くが、唸るようなボトルネックのギターはそれまでラジオやレコードで聴いていた憂歌団の音楽を根底から覆すような強烈な印象だった。「こんな人が居るんだ」

ライブ終了後、憂歌団の面々と一緒に飲んだんだけど、ライブの印象ばかりが強烈で飲んだときのことはよく覚えていない(当時は若かったから、決して酩酊していたわけではない(苦笑))


その後、憂歌団は突然の解散となり、勘太郎は沖縄へ移り住む。発心コンサートを初め市内のライブで内田勘太郎として会うようになったのは最近のことだ。

2002年、発心コンサートで「内田勘太郎トリオ」として沖縄からベース・パーカッションとともにやってきて、そのパワフルな演奏でまた存在感を新たにした勘太郎は、以来毎年久留米を訪れてくれるようになった。風体は変わっても、勘太郎のギターはあの頃と少しも変わらない。私よりひとつ年上なのに若く見せる(笑)?勘太郎はそれからときどき一緒に飲む機会が出来、ステージ上の伝説だけではなく、少しだけ身近な存在になった。

今度も何とか都合をつけて行きたいなあ。

TARZAN SOUND SYSTEM
http://www.tarzan-sound.com/
発心コンサート
http://www.tarzan-sound.com/hossin/index.html
内田勘太郎オフィシャルサイト
http://www5e.biglobe.ne.jp/~k-funk/
憂歌団
http://www.listen.co.jp/xtpart1000246.jsp

チッゴ・アミーゴス・・・in りんどう歌謡教室

何人くらいの会員さんが居るんだろう「りんどう歌謡教室」

おさらい会と称して毎年この時期に発表会が行われている。今年は約60名の方が参加されていた。講師役は地元で活躍される熊谷真由美さん。それとシニアネット久留米現理事長の須佐先生が全般に音楽的な御世話をされている。

どなたも実に愉しそうだ。歌も・・・なかなか・・。いくつになってもステージに上がる緊張感があったり、同じ趣味の仲間が居るというのは実に良いもんだなと思います。

あいにくと私にカラオケの趣味はありませんが。



さて、今年の発表会ではアトラクションとして「チッゴ・アミーゴス」が登場した。


前述のシニアネット久留米のラテン系?バンド。揃いの絣のポンチョやソンブレロで颯爽と登場。軽快な音楽を披露されていた。どなたも素人とは思えないノリっぷり。

数年前に、楽器らしい楽器もないまま会員をメールで募集して発足。最初は「チンドンバンド」その後、高良山の金明竹の間伐に行き会わせた会員の一人がこれを譲り受け、いわゆるバンブー楽器を製作。その名も「珍竹林バンド」と改称して、市内あちこちに出没する怪バンドとして活動。昨年ラテン楽器の寄付を受けて、現在の「チッゴ・アミーゴス」にバージョンアップした。

シニアパワーには負けますなあ(笑)・・・という私もいつの間にか今年で50歳。立派な正会員の資格がある年齢になってしまいました。

めざせ、不良老人ってか(笑)

シニアネット久留米は、現在会員数 人の電脳シニアの団体です。毎日10〜30本配信されるメーリングリストの数にも圧倒されますが、現役時代のすごい経歴や知識の持ち主も多く、読みごたえのあるメールもたくさん飛び交っている。

シニアネットの紹介はまた後日アップしましょ。

シニアネット久留米
http://www.snk.or.jp/
チッゴ・アミーゴス
http://www61.tok2.com/home/tsumire/amigo/
SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • イーハトーボの劇列車
  • ご自由にお持ちください
  • Mercedes Benz G63AMG-6x6 !!
  • 気温35度 子ども太鼓フェスティバル
  • 余市の便り
  • !? broken display...
  • mamazon...
  • 似顔絵師個展 楽日
  • バンデンハーク [Soft Bank Howks]
  • 何もかも小林秀雄に教わった
  • 久留米連合文化会総会
  • SORVETE do UKIHA
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search