石橋文化ホール創世記(1) ■文化の仕掛人 米替誓志の軌跡(4)

TRAVERSE4「ターザン」
ひときわ大柄な体格とその長髪から、そう綽名(あだな)されていた本間四郎に初めて会ったのは、米替、明善校二年のことだった。九州大学理学部在学中の本間はその年から「久留米合唱協会」と改称された久留米音楽協会合唱団の指揮を託されていた。

また同合唱団から分離した傍示暁了(かたみあきら)指揮の「アリオンコール」も共に50名以上の団員を擁し昭和30年頃まで久留米の合唱活動の黄金時代を形成していた。

戦後の荒廃した市民に潤いを与え、青少年の情操を向上させるべくこれらの合唱運動の他、招聘団体として久留米音楽同好会などが様々な演奏会を企画していたが、資金面もさながら一番の大きな壁は音楽を聴くための会場だった。

今でこそ各地域にホールは林立しているが、当時満足な音響を兼ね備えた本格的なコンサートホールは九州にはほとんど存在しなかった。

ブリヂストン創始者の石橋正二郎氏と石橋幹一郎氏の崇高な理念の元、文化ホールの建設が始まった頃、仏に魂を入れるべくその運営について六人の音楽委員が委嘱された。国武(つめ)生・後藤賢二・本間四郎・木下靖康・傍示暁了・塚本安正。曰く「寝ころび会」の面々である。

久留米に招聘する公演の開催を決定するまでにはあらゆる検討を重ね、長時間に及べば寝ころんでまで議論を続けることから、そう称していたこのメンバーは久留米を音楽の街にしたいとの理想を掲げ音楽活動を続けていた当時気鋭の顔ぶれだ。

「柿落としまでの一ヶ月、手伝うてくれんか」

米替が傍示から声を掛けられたのは昭和38年3月、竣工を間近に控えた石橋文化ホールが急ピッチで最後の仕上げに懸かっていた時だった。(続)




タイトル解説☆
TRAVERSE【トラバース】登山で縦走路にある山の頂上へ向かわず山腹を横ぎること。

カルキャッチくるめ
http://www.culcatch.jp/
※この連載はカルキャッチくるめ通信(June-July 2005)への掲載記事です。

初夏のパーティメニュー

沖縄はもうとっくに梅雨入りしているようですが、今日の久留米はそんな気配は微塵も感じないほどの好天気。まだ緑がかった小さな花を付けている紫陽花も間もなく咲きほころぶでしょう。

今日のメニュー紹介は、懐石料理ではなく和洋中折衷のパーティ料理。パーティのスタイルには卓に料理をオンテーブルするスタイルや、バイキングでのビュッフェスタイルなど様々ですが、一番料理のバリエーションを豊富に取りやすいのがこのバイキングスタイル。

パーティ馴れしてくると、それぞれに好きな物をチョイスしながらいろんな味を楽しむこともできる。わたし的にはそんな気軽なスタイルが好きですね。たまに食べきれないほどの料理を我先に取ってしまい、結果、食べ残されてしまうという困ったケースもありますが(苦笑)

パーティの中で料理はとても大事なファクターですが、いたずらに量を増やしてどっさりと残る料理を見るのは飽食ニッポンの悪いところ。つくる側も心が痛みます。

パーティの内容、目的、参加する人の男女差・年齢層、飲物の量など、ぜひこまめなお打合せをさせていただきたいものです。


20050529menu
今日のパーティはシニアクラスのお客様でした。ほとんど完食ながら「美味しかった、お腹一杯になったよ」とお声を掛けていただきました。さすがです。名幹事さんですね。

DATE:May 29rd 2005
PRICE:2,575/1p yen(in tax)/[全20種・28台](about 70 persons)
[続きを読む]に全メニューを紹介しています。
問合せ:久留米シーガルホテル
E-MAIL:info@seagulls.co.jp TEL.0942-44-5111

若鶏ソテー
 Cream Cheese
 Green Asparagus
Roast Beef
揚物盛合せ
 エツ
 鱸
 吉備乃子
 小茄子
 青唐辛子
 南京
活き造り大舟盛
和風焼茶蕎麦
焼物盛合せ
 Salmon Potato焼
 鰈Butter味噌
 あげまき黄味酢焼
続きを読む

夏の足音・・・水の祭典子ども太鼓フェスティバル

2005子ども太鼓フェスティバル1・DATE/JULY 24th 2005
・STRAT/13:00[未定]
・PLACE/ Rokkakudo Square[久留米市六角堂広場]
INQUIRY gamadas@kurume-matsuri.info/
  Phone.0942-31-1717 Fax.0942-33-6070
 くるめ水の祭典振興会
参加チーム募集中[締切:6月24日]

近年、学校教育関係では和楽器に注目が集まっている。特に和太鼓は、それぞれの伝統に根ざし、地域の後押しも手伝って新しいチームが増えてきている。

一昨年に久留米の夏祭り「水の祭典久留米まつり」の前夜祭に登場したこの「子ども太鼓フェスティバル」は、その後、本祭より2週間ほど早く行われるようになった。まさに祭りの足音を響かせるごとく、子供達の打ち鳴らす和太鼓の響きが祭りの薫りを呼び寄せる。

子どものチームとは云え、永い伝統を持つ水天宮舟太鼓などのチーム、また他の楽器とのコンビネーションで演奏を盛り上げるチームなど、大人顔負けの演奏を聴かせるところも多い。校区割りとは少し違うにせよ、それぞれの地域の伝統が垣間みれるのも興味深い。

昨年は17チームの参加で行われたが、今年は合併後の新久留米市になり更に参加が増えそうだ。指導する大人も大変だが応援を通じて、希薄になりつつある地域を結びつける一助にもなっているのかも知れない。



特定非営利活動法人くるめ水の祭典ガマダス
http://www.kurume-matsuri.info/
Rokkakudo Square[久留米市六角堂広場]
http://www.kttnet.co.jp/akebono/index.htm
livedoorMAP
福岡県久留米市六ツ門町 六角堂広場

2005子ども太鼓フェスティバル2

初夏の献立(3) 季節の凝縮・・・松華堂弁当

今日のご紹介は季節をぐっと凝縮した感のある松華堂弁当の献立です。本日はお昼の会合での御食事に提供させていただきました。

二段の松華堂弁当スタイルは場所も取らず、お昼のちょっとした宴席には懐石よりも手軽に御利用いただけることと思います。本日のお客様は、御食事後にデザートケーキとコーヒーのセットを召し上がっていただきました。


20050526menu

[Chef] Sakamoto Tsunetoshi
DATE:May 26th 2005
PRICE:2,575 yen(in tax)/[二段重箱松華堂弁当]
問合せ:久留米シーガルホテル
E-MAIL:info@seagulls.co.jp TEL.0942-44-5111

小鉢
 鯛塩焼
 蛍烏賊
  押し麦
  このわた
  針生姜
  木の芽

口取
 野菜牛巻
  人参
  胡瓜
  花茗荷
  Dressing(CreamType)

刺身
 石崎
 真加治木
  縒り人参
  Radish
  妻大根
  紅蓼
  山葵

煮物
 豚東波煮
  和辛子
  小茄子
  snack豌豆

焼物
 栄螺とトマト
  Butter味噌焼
 鮭Potato Cheese焼
  酢取蓮根

油物
 シャコ宇治揚
  綿紙玉子巻
  青唐辛子
  山颪
   煎り出し


 由嘉里御飯

果物
 琵琶
 Kiwi Fruits


 鱧
  じゅん菜
  三つ葉

初夏の献立(2) 筑後川の恵み・・鮎、エツ

日本人は特に季節を大事にする。食べ物に限った話ではなく、生活そのものが季節を取り込んだ暮らし方だ。今の季節なら衣替えで街の風景もさっと明るくなる。中高生が一番顕著かな。黒や紺の上着から眩しいくらいのシャツの白に。

街のウィンドウを飾る流行の服のように、懐石料理もホンの少し季節を先取りします。久留米は悠々と流れる筑後川の恩恵を受けていますが、この季節は特に様々な魚介類が季節を告げる。

上流の鮎、下流のエツ料理・・・エツは特に旬の時期が短い。5月〜7月頃、有明海から産卵のために筑後川にのぼってくる、全国でもここにしかいない珍しい魚です。その昔、弘法大師が川を渡してくれた船頭への御礼に近くの葦の葉を川に浮かべると、たちまち銀鱗のエツになったという伝説があります。

小骨が多く、料理ではよく細かく背切りをした状態で利用します。
季節を食べる・・・日本人ならではの旬の楽しみですね。


20050523menu1
昨日に続いて初夏の献立のご紹介。

DATE:May 23rd 2005
PRICE:4,200 yen(in tax)/[全10品]
[続きを読む]に全10品のメニューを紹介しています。
問合せ:久留米シーガルホテル
E-MAIL:info@seagulls.co.jp TEL.0942-44-5111

先附
 肝サラダ
  茗荷
  木の芽

八寸
 鮭馬鈴薯焼
  葉山椒


 玉子豆腐
  じゅん菜
  三つ葉
続きを読む
SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • 老兵は・・・(2)
  • 老兵は・・・(1)
  • イマなんじ? [劇団ゼロ 6月公演]
  • 吹奏楽な季節
  • Stephen William Hawking's Death
  • 河津櫻
  • 種子を採る : basil
  • 衝動買い:銀河鉄道の父
  • おひなさま
  • ち・よ・こ・れ・い・とっ!
  • in early spring
  • Singularity [シンギュラリティ]2018の初夢
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search