ブログ荒らし

別ブログでの話だが、携帯からの書き込みアドレスをうっかりオープンにしたままにしていたら、何と迷惑書き込みにやられた(汗) すぐに件の記事を消去して投稿アドレスを変更したけど、せっかくカスタマイズしていたブログのフォームがぐちゃぐちゃで修復が効かない。

原因はどうやらそれ以前に記事本体に書き込んでいたテーブルタグがくせ者だったらしい。一旦記事を消去して何とか修復したけど、いやあまいったね。皆さまセキュリティには気を付けましょう。
続きを読む

滑落 ■文化の仕掛人 米替誓志の軌跡(3)

TRAVERS3「落ちた!」

塚本武(二年生)即死、山北太平(三年生)重傷。救援を呼ぶべく転がるように尾根を駆け下りた米替の頭の中では滑落した二人の仲間への思いがぐるぐると駆け回る・・・

米替をチーフリーダーとする明善高校山岳部は、阿蘇・仙酔狭をベースに鷲ヶ峰で岩登り合宿を行った。翌日から祖母・傾縦走へ移ろうかという合宿最終日、北壁チムニールートで滑落。同校山岳部はじまって以来の惨事になった。

遭難の急報であわただしく動く地元警察の隣には九州山岳会の雄「キタショー」北田正三が営む教会があった。北田はすぐさま地元救援隊の総指揮を執る。特別のはからいで当時時間のかかる一般電話ではなく鉄道電話を使い、米替が真っ先に連絡したのは学校ではなく、三方幹雄だった。はたして三方は学校、OBと連絡、鳥栖や大牟田などの山仲間を糾合して救援に駆けつけた。昭和28年8月11日、米替十八歳直前の夏だった。

水の祭典のパレード待機位置にある三方額縁店は、炎天下で出番を待つ子供達に冷たい麦茶を出すため前日から無償で準備する。店舗改築の時には店の前に水道栓を二個も設置。何故二つも必要かと訊く息子に「子供達に勢い水ば掛けてやらなイカンめぇもん」

「ちょっとでもザイルを引きずろうものなら、容赦なくそれを叱責する小石が飛んでくる。山の三方さんはそんな厳しい人やった。永い岳人生活の中、思えば不思議と一度も直接ザイルを組んだことはなかった。いつも押しつけたような話に男気で応えてくれた事が多かった中、それでも三方先輩が心から楽しんでくれたと信じたい」

■このTRAVERSの企画が始まる直前の平成16年末、三方幹雄氏は他界されました。心よりご冥福をお祈りします。




タイトル解説☆
TRAVERSE【トラバース】登山で縦走路にある山の頂上へ向かわず山腹を横ぎること。

カルキャッチくるめ
http://www.culcatch.jp/
※この連載はカルキャッチくるめ通信(April-May 2005)への掲載記事です。

ヨットは岩登りのごつ面白か ■文化の仕掛人 米替誓志の軌跡(2)

TRAVERS2「久留米は青木繁、坂本繁二郎、古賀春江を生み出した土地。それに連なる多くの画家を輩出し、今も久留米で活躍する画家たちが居る。しかし、十人の画家が飯を食えるより百人の日曜画家が居る町の方がすごい。絵を描くことが好きな千人の子供達が居る町はもっと素晴らしい」・・・

文化センター勤務時代、絵を描く楽しさを広く市民に広げるべく「日曜画家スクール」が企画されたが、極めて低額の参加費に協力業者が見つからず、困窮した米替が、三方幹雄に相談した時の口説き文句だった。

三方は後輩の申し出を快諾、昭和44年に始まったこのスクールは翌年には定員をオーバーするほどの活況を呈した。古賀耕児を筆頭に、園田真幸、大石隆、田中睦子、阿美代子、池松末人、合戸国弘など地元洋画壇の気鋭の面々が指導にあたり、昭和46年には早くもこの日曜画家スクールから二科展入賞者が出る。

その後、永く関わることになる水の祭典で「筑後川水上フェスティバル」の企画が持ち上がったときも、米替は三方に相談を持ちかけた。街の真ん中でみんながまつりを楽しんでいるときに、一人離れて筑後川でのイベントを推進する役など誰も引き受け手が居ない。「このイベントを責任もって遂行できるのは先輩しかおらんですよ」

かくして意気に感じたのかまつりの只一人の責任者としてこのイベントを成功させた三方曰く「米替、ヨットは岩登りのごつ面白かぞ」

三方とは山の先輩後輩にとどまらず深い絆を持つ米替だったが、実は昭和28年大きな事件が明善高校山岳部を襲った。

--この項続く--




タイトル解説☆
TRAVERSE【トラバース】登山で縦走路にある山の頂上へ向かわず山腹を横ぎること。

カルキャッチくるめ
http://www.culcatch.jp/
※この連載はカルキャッチくるめ通信(February-March 2005)への掲載記事です。

岳人の心意気 ■文化の仕掛人 米替誓志の軌跡(1)

TRAVERS1「勝手にしろ!」

昭和27年3月、新入生を迎えるべく議論を重ねていた明善高校山岳部だったが二年生部員と一年生部員とで議論沸騰、リーダーとなるべき上級生が捨てぜりふとともに部室を飛び出してしまう。困り果てた米替は、当時山岳部の指導をしていた久留米BKV(※1)の三方幹雄(※2)に相談する。

「お前がリーダーになれば良いではないか」思えばこのひとことで始まった本格的な山岳活動は、そののちの米替の人生に深く影響を及ぼすこととなった。その後三方幹雄に徹底的にしごかれる事になるが、岳人としての人脈にとどまらず文化センター時代、久留米市観光コンベンション協会時代を通じての多種多様な文化人との交友、また様々な催事の企画立案の手腕もこの頃に培われたものが原点だった。

水の祭典が始まった頃「祭りの企画やらしたこつは無かですよ」と同じく三方に相談すると「ばか!お前ゃ、冬山の登山計画やらばしよるやないか。吹雪に遭うたらどのコースば取るとか、そげなんとに比べたらなんでんなかろうもん。祭りにゃ命はかかっとらん」と一蹴された。

米替誓志、昭和10年10月久留米市本町に生まれる。33年の時を刻む水の祭典の他、久留米の様々な文化事業に永く関わってきた彼の足跡を辿りながら、久留米の文化人の横顔を垣間みてみるとしよう。よろしくお付き合いください。



(※1)久留米BKV(ヴェルグ・クレッテル・ファーレン=岩登り集団の意、明善高校山岳部OBが中心)
(※2)三方幹雄(三方額縁店)

タイトル解説☆
TRAVERSE【トラバース】登山で縦走路にある山の頂上へ向かわず山腹を横ぎること。

カルキャッチくるめ
http://www.culcatch.jp/
※この連載はカルキャッチくるめ通信(December 2004-January 2005)への掲載記事です。

第11回小郡高校吹奏学部定期演奏会

小郡高校吹奏学部定期演奏会
第11回小郡高校吹奏学部定期演奏会

OGOORI High SchoolThe 11th REGULAR CONCERT

小郡高校吹奏学部定期演奏会・DATE/June 5th 2005
・OPEN/13:00 STRAT/13:30
・Entrance is free.
・OGOORI LYCEUM
・Inquiry phone.0942-75-1211
 (OGOORI High School)

小郡高校定演QR-code
*バンドメンバーの声


昭和59年4月5日、6学級270人の新入生を迎えて開校した福岡県立小郡高校は県南の新設校だ。久留米から通っている生徒も多い。

同校吹奏学部が定期演奏会を行うようになって今年で11年目。定演は小郡文化会館大ホールで行われる。メニューを見ていると、演奏会構成のうち、第3部では演劇部なども登場して寸劇を行うなど、観客を飽きさせない工夫があるようだ。オーソドックスな演奏会も良いが、照明にも工夫が凝らされ、実にはつらつとした演奏会風景が感じとれる。

小郡文化会館大ホールは収容600人与の比較的ステージが間近に感じられるホールだ。久留米から30分、6月の日曜日の午後、元気をいただきに行きましょう。

上記のQRコードで表示されるサイトは吹奏学部の生徒たちが立ち上げた携帯サイト。それぞれのパートの様子も元気に綴られている。生徒たちの意気込みも見てあげてください。

Menu
・第1部
 2005年度吹奏楽コンクール課題曲より

・第2部
 歌劇「コラ・ブルニョン」序曲
 "COLAS BREUGNON"OVERTURE
  Dmitri Kabalevsky

・第3部
 オペラ座の怪人
 THE PHANTOM OF OPERA
  Andrew Loyd Webber Warren Barker
 見上げてごらん夜の星を 他



小郡高校公式サイト
http://ogori.fku.ed.jp/
小郡文化会館
http://www.city.ogori.fukuoka.jp/05/official/bunka.htm
livedoorMAP(OGOORI LYCEUM)
福岡県小郡市大板井136-1
SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • analog
  • 老兵は・・・(2)
  • 老兵は・・・(1)
  • イマなんじ? [劇団ゼロ 6月公演]
  • 吹奏楽な季節
  • Stephen William Hawking's Death
  • 河津櫻
  • 種子を採る : basil
  • 衝動買い:銀河鉄道の父
  • おひなさま
  • ち・よ・こ・れ・い・とっ!
  • in early spring
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search