心太

20170827

高良山に心太を食べに行く。
相変わらず、自家製の素朴な味が美味しいね。




高良山茶屋 望郷亭 [google.co.jp/maps/place/高良山茶屋+望郷亭]

夏祭り

20170826 26日。母が入所している特養「紅葉樹」で夏祭りが行われた。

普段は駐車場として利用しているところに、ステージカーを配置して様々なイベントを行う。通路には職員やボランティアによって唐揚げやたこ焼きなどのバザーも。

お天気が良く、さわやかな夕べ。

最近、地元に帰って来ている同級生が出し物の一つの吹奏楽ユニットでラッパを吹いている。ありがとうな。

一つの事業所、地域で行われる淀などのこんな小さなまつりも、なんとなくいいもんだよね。

舞台「HandY」

480480

え〜〜・・立て続けですが芝居のハナシです。

2016年杉並演劇大賞受賞作品、初の九州公演 舞台「HANDY」
※この作品は、三ツ星キッチン「TOGETHER」(作:上條 恒)のスピンオフとして誕生した。

  手話で漫才---!?
  英子は幸せな家庭を夢見ていた。
  裕作は音のない世界に生きていた。
  突然出会ったふたり。
  裕作が差し出したノートに書かれていたのは
  「漫才やろう。」
  この一言をきっかけに裕作の諦めていた夢が、英子の止まっていた時間が動き出す…

脚本・演出・出演:市村啓二
出演・構成:武者真由
音楽監督・作曲・ピアノ演奏:中島健作
久留米市公演:2017年9月14日(木)19:00開演 久留米シティプラザ「久留米座」



公演情報 [久留米の演劇情報誌Actors Cafe : actorscafe.jp/20170914]


イーハトーボの劇列車

[くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部 第8回本公演]
001 まつりも無事終わって、ちょっと一息ついてます。

さて、演劇の紹介です。イーハトーボの劇列車。井上ひさしに原作。

・・・大正7年(1918)12月26日。宮沢賢治は、故郷花巻から上野行きの夜行列車に乗り込んだ。その手には大きな革のトランクが握りしめられ、たくさんの願いが詰め込まれていた。

「大好きな音楽を聞き、エスペラント語の勉強をする。そのためには父の庇護の下を離れ、そして何よりも真の生き方を探すこと」

賢治は、東京に理想郷を求めては挫折を繰り返し、いつしか花巻に理想郷を見いだす。賢治の童話から抜け出たような人物たちと織りなす夢のような時間が交差する。

そして挫折の度に突然現れる背の高い、赤い帽子の車掌から手渡される「思い残し切符」とは...

井上ひさしが愛してやまない日本語。この物語は、その日本語に、不思議でかわいらしい、そして輝くような魅力をちりばめた宮沢賢治の評伝劇だ。

ほとめき倶楽部上演の賢治作品は、過去に「銀河鉄道の夜」があるが、さて、どんな味付けをしてくれるだろう。楽しみな作品です。



公演情報 [久留米の演劇情報誌Actors Cafe : actorscafe.jp/20170916]


ご自由にお持ちください

007

昨日とうってかわって、今日は小さなハナシ。

最近、カミサンがフロントに置き始めた綿棒&耳かき付き綿棒。これがまあ、結構な人気(笑) 横に置いている歯ブラシよりもたくさん出てるかも?

当ホテルは、シャンプー・ボディソープは客室常備ですが、それ以外のアメニティは必要な方が必要なものをフロントから御持ちいただいてます。そう、ちょっと不便なホテルかも?です(笑)


さて、明日はいよいよ水の祭典前夜祭。そして4日本祭。朝からけたたましい蝉時雨も絶好調。レーダー図ガン見の久留米限定weathermanになる時がやってきました。皆さま,熱中症には最大限のご注意を。

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • Dracaena [幸福の木]
  • requiem
  • シンピ〜ン
  • 極め付け好色おせん
  • 無償修理
  • 瀬戸 康史 出演:関数ドミノ
  • 舞台「HandY-ハンディ-」
  • 青みかん
  • 青みかん
  • 還暦祝
  • 心太
  • 夏祭り
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search