100年企業

480gopro


野中町のイワイスポーツサイクルが、100周年を迎えている。イワイさんとのおつきあいは長いが、自転車屋さんで100年ってスゴクないですか?

しかも、2008年に初めて福岡市進出、現在福岡市中央区高砂のZING2(ジンジン)と久留米本店の2店舗を展開、おそらくイワイ史上最高の人気を誇っている。海外著名ブランドの直営店を向こうに回し、今や業界屈指のお店である事は間違いない。

「細々とやってきたからですよ」とイワイさんは云うが、特に近年、トライアスロン、そしてロードバイクの世界ではイワイは文字通りサイクルスポーツの牽引車だった事は間違いない。ひと昔前と違って、多くの人にとって自転車は自転車店で買うものではなく、量販店で買うものに変わった。しかも、10000円もしないのだ。

そんな時代に、云ってみればデフレの象徴的ジャンルで、そうではない自転車の価値を頑なに守ってきた。それどころか、一人一人の体型に合わせ、きちんと整備された自転車は乗り手に風を切る魅力を与えてくれる事を常に示してきた。

折からの健康志向ブームも確かにあったかもしれないが、決して安くはないロードレーサーを駆り、専用のヘルメットを被り、お洒落なコスチュームを身にまとったサイクリストがこれほど大勢、市中を駆け抜ける姿を一体誰が想像しただろうか。

100周年を迎え、イワイスポーツサイクルは全面リニュアル。さらに素敵なショップに変貌をとげている。垂涎の的の著名ブランド車がずらりと並ぶ様は壮観だ。見ているだけでもとても楽しい。ここに集った仲間と共に走る魅力を見つけた人もいるだろう。一人で走るのが好きな人もいるだろう。その一人一人を大切にするイワイの姿勢が、多くのファンを惹きつける。

大袈裟ではなく、これは一つの文化の創出に他ならないと思う。使い捨てではない、価値ある文化を担うにふさわしいツールが、そしてそれを理解するスタッフがここには確かに存在する。皆さんもぜひ一度、足を運んでみてください。

Like ! EIZO x Apple :-)

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

ちょっと、アソんでみました(笑)
Apple Cinema Display(風) EIZO FlexScan(24.1inch)

Jobsの横顔リンゴマークとEIZOのロゴシール、ちょっと気に入らないのだが、最近細かい所が見え辛く精密な作業はすでに困難かもしれん(落胆)

ま、気が向いたときに、またアソんでみよ。

けしけし祭

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

24日、初めて青木繁の碑前祭「けしけし祭」に参加してきた。

青木の菩提寺は日吉町の順光寺。この日集まった100数十名は、それぞれ思い思いに墓前への参拝を済ませ、集合場所の日吉神社から、大型バス2台に分乗してけしけし山(かぶと山)へと向かう。

眼下に筑後平野を望み、青空が広がる好天だったが、桜の開花直前のこの日、山の空気はまだまだ 冷たく鮮烈だ。普段は施錠されている山頂の石碑前に大勢集まって、献酒、献花、献茶、献歌・・・次第に従って粛々と碑前祭が執り行われてゆく。

例年この碑前祭では、地元山本小学校の子どもたちが青木の研究を発表し「母いますくに」を合唱する。その後即興の書画が描かれ、碑前祭は終了。用意されたカッポ酒をいただき、昼食をとってひと時を過ごす。

しかし、毎年のことらしいが、よくこんなにたくさん集まってくるもんだと感心する。久留米での青木繁の絶大な人気に改めて刮目するが、それにしても今年で66回目の開催。この長い顕彰活動を続けてこれたのは、連文(久留米連合文化会)の存在がかなり大きく寄与している。

取材の為、今回はバスには乗らずにバイクで同行したが、次回はぜひカッポ酒をいただきたいね(笑)

動画は、野田 弘樹氏と子どもたちによる書画のパフォーマンス。


久留米連合文化会official website [March 24, 2019] [renbun.jp/2019/0324]

青木繁旧居 開館16周年記念華道展

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。
青木繁旧居でこの時期に毎年行われている華道展に行ってきた。

僅か28歳で夭折した郷土久留米の天才画家、青木繁。毎年この時期に行われる青木の碑前祭「けしけし祭り」に合わせて旧居で草月流 中野松芳社中による花展が行われている。華道展は今年が14回目。

ここに来るのは何年振りか。以前訪れた時には無かった青木の作品のレプリカが飾られている。代表作「海の幸」「わだつみのいろこの宮」そして自画像など数点。

う〜ん・・他の作品はともかく「海の幸」は、ここでは狭すぎる、という印象だった。なんと「大きく」見えるのだ。旧石橋美術館(久留米市美術館)にあった本物を初めて見たとき、こんなに小さかったのかと驚いたものだが、これは久留米の人ならみんな同じ気持ちになったと思う。久留米の人がよく目にしていた「海の幸」は旧久留米市民会館の巨大な緞帳のはずだから。人の印象とは結構あてにならないものだね。

華道展は2日間で終了だが、青木の絵は常時飾られている。時間があればぜひお越しください。意外と大きい?「海の幸」に出会えます(笑)



久留米連合文化会: [March 23-24 2019] [青木繁旧居 開館16周年記念華道展]

青木繁旧居保存会:830‐0042 福岡県久留米市荘島町431 [TEL. 0942-39-3575]
*『海の幸』 明治37年(1904) 油彩 67.0×178.7cm

サボテンの花

001

♪ ほんの小さな出来事で 愛は傷ついた....

いつも、よく世話をするなあと感心するカミさんだが、最近小さなサボテンをよく買ってくる。これは「センペルビューム」というお名前らしい。ぐんぐん伸びてきたと思ったら、これも可憐な花をつけました。

数年越しの食虫花「用心棒」も、負けずに開いている。今年は、例年にも増してよく花が咲く気がするなあ。



過去記事:悪い虫から貴方を守ってくれる... [April 18, 2014] [kurumejin.jp/51505781]

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • Mother's Day
  • 100年企業
  • サボテンの花
  • 一雨ごとに...
  • ハロゲン球とLED
  • 「まご」に、衣装
  • 第63回久留米宝恵駕行列
  • くるっぱ焼き?
  • 幸福の木
  • 2019 ちよこれいと.
  • St.Valentine's Day
  • FACTFULNESS [ファクトフルネス]
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search