Stephen William Hawking's Death

000

車いすの天才物理学者、スティーヴン・W・ホーキング(Stephen William Hawking)没のニュースが速報で流れた。76歳。

子どものころからずっと思っている疑問「なぜ、宇宙は生まれたのか?」には答えてくれなかったけど「どうやって宇宙が始まったのか?」には面白いアイデアを教えてもらった。量子論なるものを聞きかじったのも彼からだったように思う。

もちろん、物理学的、数学的に理解することなど途方もないが、ずいぶん前に彼が一般向けにわかりやすく書いたいくつかの本で多少哲学的には理解出来た。「生きているし、死んでいる」

久しぶりに読み返してみるかな。

合掌

河津櫻

480

陽光うららか・・

夕陽を浴びて
花畑駅の河津櫻は
満開でした

あ々
あったかぁ〜い

種子を採る : basil

480

カフェいっぱいに

いい薫りがすると思っていたら
カミサンがバジルの種子を採っていた

BASIL : 和名メボウキ [目箒]


こうして見ると
「ホウキ」っていうのが

しっくりくるね

あいかわアンビシャス広場観劇会





ゆきち

今年も、くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」による観劇会が行われました。

今年の演目は「ゆきち」。小泉八雲の「雪女」のその後を描いたお話。

「雪女」の紙芝居の後、そのまま役者が登場する演劇バージョンに。公演に先立って、今回の紙芝居の語り部をつとめた中村勉也さんから、小泉八雲のお話がありました。ラフカディオ・ハーン、その人の生い立ち・・・子どもたちにはちょっと難しかったかも?だけど、真剣な面持ちで聞いてくれました。

あいかわの観劇会は、2002年の広場立ち上げ当初から続けている事業だけど、2009年「ほとめき倶楽部」の旗揚げ以降は、ずっと同劇団にお願いしている。振り返ってみるともう、9年続いてる。

あいかわアンビシャス広場は、昨年から新会長の若いお父さんがはりきって切り盛りしてくれています。バトンタッチするまでの15年間、我ながら良く続けて来れたと思います。そしてずっとつきあってくれたスタッフのSさんにも、あらためて感謝。もう、子どもたちはとっくに社会人になっているのにね(笑)

でもおかげで、伝統の礎は創れたのかもしれない・・・さ、また新しいこと、がんばんなくっちゃね。



あいかわアンビシャス広場 Archives [seagulls.co.jp/standbyme]
久留米の演劇情報誌:Actor's Cafe [actorscafe.jp]

おしゃまな彼女

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。悪しからず。

まだ2歳にもならないけれど
iPadを動かす
後ろ姿はいっちょまえ(笑)

片手に持つ荷物も
大きすぎやろ?と思うけど
曰く「自分のものは自分で持つ」だと

ほんとか

彼女の仕草は
殺人的だ(笑)

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • 納戸 健次氏 逝く
  • 青みかん
  • くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」第9回本公演*赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス
  • 迎え火
  • 蜩(ヒグラシ)とツクツク法師 還暦ライダー (2)
  • analog感 還暦ライダー (1)
  • 老兵は・・・(2)
  • 老兵は・・・(1)
  • イマなんじ? [劇団ゼロ 6月公演]
  • 吹奏楽な季節
  • Stephen William Hawking's Death
  • 河津櫻
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search