Risshun, Lichun

480

立春・・・でも、特に今日は陽春とも云える暖かさだった。
このお雛さまも31回目の(笑) お目見え、です。

昨年から今年、ほぼ同世代での逝去の話が続く。
生き残っているわたしには、まだまだ何かの役回りがあるんだろうなあ。

Acqua Pazza

002

今日は娘がいないので夕食はカミさんと二人。フライパンにデ〜ンとアクアパッツア、里芋とベーコンのチーズ焼き、塩胡椒だけのシンプルなセロリの炒め物...写ってないけど :-) 全部、絹こ・作。

材料は三瀦の道の駅?でカミさんが仕入れてきたもの。アクアパッツアは鱈と浅利、トマト、ニンニク。バジルがなかったので青紫蘇、ワインの代わりに酒、と和テイスト。青紫蘇でも結構イケるもんだ。いつも魚は丸ごと1匹、ど〜んと乗ってるけど、まあ、二人分だけだからね。

ごちさうさまでした。

ITOSHIMA

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。悪しからず。
1月14日(日)、毎度おなじみ、糸島の牡蠣小屋。久留米市内でも牡蠣を食わせるところもあるのはあるが、行くことはない。さっちむっち*牡蠣を食べたいわけではない。海に行きたいだけさ。

最近は糸島もすっかりオサレ化が進み、東京あたりからの移住計画者も増えているとかいないとか。牡蠣のシーズンは10月くらいから始まるが、長蛇の列に没入してまで行きたくはないので、最近はメディアの話題が一通り冷める年明けを狙って出かけることが多い。

それでもまあまあ、多かったが時間帯が15時ごろだったので2〜3組待ちで入店。今年の牡蠣はちょっと小振りな印象。いつもポン酢、レモン、チーズなどを持ち込むが、ピザチーズが最近の我が家的流行。

この日もラッキーなことに快晴。今年は天気には恵まれてる気がするなあ。時間的的に高速の渋滞に巻き込まれることもなく、行きも帰りも至ってスムーズ。反対車線が混んでいると、娘は「勝者の休日」と宣う。ま、確かに(苦笑)

* さっちむっち(筑後弁:何が何でも、の意)

2018-2019 TOKYO日記

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。悪しからず。
東京で過ごしたお正月日記。
書いていたらやたらとダラダラした文章になったので、とりあえず箇条書き(苦笑)
 12月30日
○夜、羽田入り
 12月31日
○總持寺
○浅草
○もんじゃ焼き
○築地場外市場
○銀座
○年越し蕎麦
 1月1日
○お正月料理
 1月2日
○箱根駅伝見物
東大 ITヘルスケア社会連携講座

おかげさまで、いいお正月でした。

↓おヒマな方はどうぞお付き合いください。

続きを読む

生誕90周年 手塚治虫展

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。悪しからず。

雨模様の日曜日、平成最後の天皇誕生日。今上天皇とほぼ同世代である手塚治虫展に行ってきた。今年は生誕90周年らしい。母と同い年だったとは、今の今まで気がつかなかったけど。

今日の世界を席巻するマンガ大国、ニッポンの隆盛は70年余の平和の上に成り立っている。会場いっぱいに展示されている直筆の作品の一部には、作者自身の、戦争が終わったという爆発的な嬉しさを表現した作品も。

あれも読んだ、これも読んだなぁ・・・実は手塚作品はほぼ全て読んでいる。展示会場の一角の壁一面にそれらのキャラクターが描かれていたが、流石に凄い量だ。戦後生み出されたその画期的なマンガ制作システムは、手塚以降の全ての作家に影響を与えたが、何よりこれら膨大な作品群を世に送り続けたというのが圧倒される。

自身の思い出には、それでもスランプがあったような事が書かれているが、亡くなるその瞬間までトップランナーであり続けた。

漫画を描く事がすこぶる上手かったわたしは、少年期、クラスの人気者だった。頼まれるまま、喜んでアトムや様々なキャラクターの似顔絵を描いた。犬や猫をマンガに描くときですら、手塚の作品に登場する動物が手本だった。図鑑に載っている写真では無いのだ。ライオンを描くとき手本にしたのは写真で見るリアルな姿ではなく、レオやシンバだったのだ。

鉄腕アトムに出てくる未来の街は、ほぼ現在と変わらない姿に見える。AIが登場してきた昨今、本当にアトムが生まれても不思議では無い時代。そうなると手塚治虫とは預言者のようでもあるが、多分、そうでは無い。

土木、建築、工業エンジニア、カーエンジニア、IT・・・それぞれがそれぞれのジャンルで手塚治虫の世界を実現させてきたのだ。あんな事やこんな事がほんとうになったらいいなと、鉄腕アトムの世界に倣ってモノを創ってきたのだ。

そう、僕らはみんなアトムの子さ。

♪耳をすませ ラララ 目をみはれ
 そうだ アトム 油断をするな
 心ただし ラララ 科学の子
 七つの威力さ 鉄腕アトム〜


九州芸文館開館5周年記念特別展 [kyushu-geibun.jp/4153/]


SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • Mother's Day
  • 100年企業
  • サボテンの花
  • 一雨ごとに...
  • ハロゲン球とLED
  • 「まご」に、衣装
  • 第63回久留米宝恵駕行列
  • くるっぱ焼き?
  • 幸福の木
  • 2019 ちよこれいと.
  • St.Valentine's Day
  • FACTFULNESS [ファクトフルネス]
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search