久留米高校ウィンドアンサンブル第36回定期演奏会

久留米高校ウィンドアンサンブル 5月10日、今年も会場に一杯の観客を迎えて久留米高校ウィンドアンサンブル第36回定期演奏会が行われた。

ちょうど文化センターではバラフェアが行われていて、好天に恵まれたこの日、道路の向かい側までむせかえるような花の薫りが・・・

管弦楽の荘厳な雰囲気とはまた違って、吹奏楽は愉しい。曲のジャンルもクラシックにこだわらず、JAZZからTV主題歌までジャンルを問わない。それにパーカッションが充実していること、管弦楽にはないサックスの音が加わることなど。

1部の終わりにはChooChooTrainで1年生総出のダンス。曲のオープニングでは、なんて云うんだろ?あの数人で縦一列になってぐるぐる回るヤツ。あれをパーカッション担当の生徒がステージ上で披露していて、一気に盛り上がった(笑)

おかしかったのは、大津先生。アンコール1曲目の「ルパンIII世」にあわせて、なんと黄色のジャケットで登場(笑) それだけならまだしも、なんと登場してくるときにおもちゃのピストルまで振りかざす懲りよう。

久留米高校ウィンドアンサンブル

いやぁ・・この先生はお茶目というかなんと云うか。会場は爆笑の渦で、本当に愉しい定演だった。

今年は1年生がたくさん入ってきたらしい。総勢64名とか云ってたっけ。もっともっと練習して、愉しい、そして素晴らしいバンドにしていって欲しいな。

あらかた編集は済んだので、まもなく久高の公式サイトで当日のショートムービーを公開します。お楽しみに(笑)


Clip to Evernote mixiチェック