0303

デカくなり過ぎた幸福の木、ドラセナ[Dracaena]をカミサンが昨年株分けしていたんだが、そのうちの一鉢からなんと花が咲いて来た。だいたい1週間くらい、夜に花が開いて朝閉じる、というサイクルを繰り返す。

花が開いた時のクサい薫りが何とも云えない。クサいと云ってもいわゆる化粧品っぽい匂いなのだ。結構強烈(苦笑) ネットで検索すると結構花を咲かせている御仁はいらっしゃる様子。曰く、幸運のしるしとも災いのしるしとも。まあ、ものは取りようってところかな。

もちろん、ウチでは幸運の象徴と捉えてますよ(笑)


Clip to Evernote mixiチェック