*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。悪しからず。

日曜日、明善の定演に出かけていった。今年は、永く明善オケ部の指導を続けてこられた隈丸先生のラストイヤー。娘が卒業して、もう10年以上の時が流れている。当たり前だが、満員でごった返すロビーには知り合いらしき保護者はほとんど見当たらない(苦笑)

明善の公式サイト撮影のためのカメラをセットして本番に臨む。永く・・と書いたが、明善オケ部の歴史46年間のうち、隈丸先生がオケ部の指導に就かれてから、34年の年月が経つ。転勤で途中7年間、久留米高校の指導に当たった期間をのぞいて、実質27年間、オケ部のタクトを振りつづけてこられた。

まさにオケ部の母。表彰されてもいいんぢゃないか?と思うよ。ファインダー越しに見る先生は実に若々しく、エネルギッシュで、とても定年などとは想像もつかない。年齢不詳?(苦笑) 講師として後数年、指導されるんじゃないかと思っていたが、どうやら今年でその長きにわたった指導者生活にピリオドを打たれるようだ。

カテゴリー的には文系クラブとなる管弦楽部だが、放課後だけではなく、朝練に昼休みの自主練と、体育系クラブよりもハードな部活。先生も同じ時間で指導に就く。定演前ともなればさらにハードに。

トップクラスの進学校である明善で、この部活に打ち込む生徒たちの情熱は半端ではない。そしてそれは部員である生徒自身を強くする。この部活はまさに「文武両道」の「武」なのだ。

明善高校管弦楽部定期演奏会のスタートとなる昭和47年の第1回目も、その4年前、同校に初めて管弦楽の響きをもたらした昭和43年の卒業生高校生合同第一回演奏会でも演奏された曲は、Franz Peter Schubertの「未完成」[Symphony No.8 in B minor "Unfinished]

静かに置かれたタクトは、新しい指導者となる先生が握るのだろう。中村八大、本間四郎が闊歩した昭和40年代に端を発する、この実に明善らしい管弦楽部が今後も伝統を育み続けるよう期待したい。

そう、常に「未完成」であり続けることが、進歩の前提なのだから。

隈丸先生、ほんとうに、ほんとうに、お疲れさまでした。

明善高校管弦楽部 [meizen.fku.ed.jp/life/orchestra]
明善高校管弦楽部の歴史 [meizen.fku.ed.jp/life/orchestra2]




Clip to Evernote mixiチェック