480

2ヶ月半ぶりの投稿(苦笑)

還暦も3年過ぎた。いつかなにかのドラマで主人公が宣っていた言葉がよみがえる。人生を3分の1ずつに区切るという生き方。
人間、生まれて20歳までは人の世話になって生きる。それから60までは、社会のため、家族のために生き、そうして初めて自分のために生きる時が来る。
というもの。もちろん現実には、そうそうすっぱりと割り切れるもんじゃない。これからも社会や家族との時間は共有され続けるわけで。それでも、少しは自分のために使う時間を持ってもいいかなと思うようになって来た。

ということで、40年ぶりにバイクに乗る。昔、一度はなくした免許(爆) ということで、若者に交じって自動車学校通いすること17時間。大型ではないが、無事に卒業。新米の還暦ライダー誕生だ。前から気になっていたバイクも買った。

YAMAHA DragStar Classic 400。昨年排ガス規制により生産終了になっていたが、運良く最終型の2016年式タイプが手に入った。1300kmくらいしか走っていないノーマルな車体。現物を見ても、美しいと思えるアメリカンタイプのバイク。実は乗るのは40年ぶりだが、自分のバイクを買うのは初めて。

今は、ヒマを作ってはちょこちょこと乗っている。風を切り、スラロームする楽しさもだんだんと思い出してきた。普段オートマのクルマに慣れていると、フルに両手両足を必要とするバイクのアナログぶりは超楽しい。大型スクーターもある時代だが、バイクは昔とちっとも変わってない。

今の道交法じゃ、1年間はタンデム禁止。来年、カミサンを乗っけてツーリングに行くまで、コケないようにがんばりマス(笑)


Clip to Evernote mixiチェック