000

娘とカミサンが東京に行っているので、ひとりでぼちぼち、お盆の支度をする。提灯を出し、迎え火の今日は小さなお膳を用意し、だんご粉を練ってお供え。

今年、祖父の墓所を守っていたはずの叔父が、いつの間にか納骨堂へと代々の墓を移し、元々の墓所が更地になっていた。は?と面食らっていたが、幸いまだ他人の手には渡っておらず、お寺さんに伝えてウチで使うことに。

図らずも「買い戻す」ことになった訳だが、元々この叔父、祖父から譲り受けた家屋敷を借金のカタに押さえられ、この時は泣きつかれた母が買い戻した。独立自営の家業を営む代々の家風と違って、大学出て高校教師になった叔父。他の兄弟とは考え方が違い、生涯仲違いしたままだったのは理解するが、代々のお墓がそれではいかんやろ。叔父には「儀」という字は無いんだろうな。

お寺さんとのおつきあいもそこそこで、年に1〜2度しか墓参りに行かなかったわたしだが、たまたま運良く買い戻せたのは祖父や父の導きだったんだろうなと思う。今後はもう少しきちっとやらなくては、と襟を正す。

8月7日、立秋。妹の誕生日でもあるんだが、お寺さんに永代使用料を納め、これから墓石を建立する段取り。元々の墓所は2区画分あったということで、生まれてすぐ、名も無く亡くなったわたしの兄が祀られた北側の区画をいただいた。

住職も「なんで2区画分だったんでしょうね」と宣っておられたが、生前、熱心にお寺におつとめし、多くの雲水を自宅にまで呼んで食を振る舞っていた祖父をよくご存じないんだろうなと思う。わたしには全く不思議はない。とはいえ、そのまま2区画使わせてくれと云うほどの甲斐性もないが。

さて、迎え火の今日、父は帰って来ているだろうか。これでいいよね、親父。



Clip to Evernote mixiチェック