シネマと演劇

久留米がすりの歌



お待たせしました。3月19−20日に上演された「久留米がすりの歌」ダイジェストムービー(5m37s)です。フルサイズムービーは以下からどうぞ。



久留米がすりの歌2017 (1h50m3s) [youtu.be/ubwG-ZCxHFA]


山田孝之



いかにも役者的な演技で?最近注目している俳優、山田孝之。最初は缶コーヒーのCMで気になっていたんだが、毎週金曜日深夜に見ていた「山田孝之のカンヌ映画祭」は昨夜で終了。

ドキュメンタリーの同番組で制作過程にあった映画「穢の森」は制作中止になったようだが、6月に「山田孝之 3D」が公開されるらしい。Trailarは意味不明だが、意味不明なところがいいかも。

the オーディション 主演女優と出演者の公募

001

来年3月に予定されている、劇団PROJECTぴあ[主宰:石山浩一郎]による演劇公演「久留米がすりのうた ‥井上伝物語‥」の出演者オーディションのお知らせ。

募集要項には「久留米がすりを考案した久留米の偉人、井上伝の少女時代から未亡人になるまでの、いわば大河ドラマの主演女優...」とある。物語に登場して来る若き日のからくり儀右衛門ほか、共演者も募集の対象だ。

応募要項・申込はこちらから
くるめの演劇情報誌 ACOTOR'S CAFE:オーディション 主演女優と出演者の公募

「久留米がすりのうた」は、児童文学作家の大御所、岩崎京子氏の作品が原作だ。昨年だったか、秋の公演のおり、同行者も無くたった一人で久留米に来られたが、御年93歳!しかも、いまだに年1作品を目指して執筆活動を続けられているということだった。いやはや・・比ぶるべくもないが岩崎氏から見ればみんな若造だね。

岩崎京子作品といえば「かさこじぞう」が有名だが、かさこじぞう(笠地蔵)は古くからある日本のお伽噺で、そのルーツも作者はおろか、どうやら岩手県か福島県らしいという程度で定かではない。他にも多くの作者によって再話されている。絵本を数多く読む、読まないに関わらずみんなの記憶に残っているのは、昭和31年以来学校教科書の定番として採用され続けたから。

その採用された「かさこじぞう」が岩崎作品なのだ。実はこのお話、幼稚園児にも定番のお話として登場するのだが、そっちは多くが瀬田貞二著の「かさじぞう」だ。どちらかというと瀬田作品の方がお伽噺に近いのかもしれない。因果応報、勧善懲悪がお伽噺の定番だからね。

岩崎版「かさこじぞう」には、どうしても欠かせない登場人物の人間性に踏み込んだ一節が盛り込まれている。それが故に小学校国語教科書の定番となったのだろう。研究者の論文のいくつかが、今はネットでも読めるので興味があれば読んでみると面白い。

・・・夏の水の祭典は終了したが、秋には秋のイベントが控えていて超忙しくもあるけど、忙しいほど現実逃避したいもんでね(爆)

・・・この項続く...(苦笑)



Quotation from
岩崎京子「かさこじぞう」のたくらみ [岩田 英作/島根県立大学短期大学部教授]
岩崎京子「かさこじぞう」と瀬田貞二「かさじぞう」 [原田 留美/新潟青陵大学福祉心理学部 社会福祉学科教授]
「かさこじぞう」論 [小山惠美子/帝京大学大学院 教職研究科 教授]

アクターズカフェII [ Actors Cafe' II ] 第4夜



アクターズカフェ II 第4夜。

次週に公演を控えた今夜のアクターズカフェは、そのダイジェスト版のような形で、予定されている演目二つ(花いちもんめ・エレクトラ)がそれぞれの役者によって演じられた。

また、当日トークライブ予定の元劇団四季女優 熊本亜紀さんも駆けつけ、メンバーそれぞれの質問に全く躊躇なく自身の経験談を披露、その気さくな応対でこの夜の演劇話は大いに盛り上がった。公演当日が楽しみだ。



熊本亜記トークライブ&朗読パフォーマンス[再掲]
過去記事:熊本亜記トークライブ&朗読パフォーマンス [kurumejin.jp/51625052]

DATE.5月27日(金) open.18:00 start.18:30
PLACE.えーるピア久留米 視聴覚ホール
TICKET.1,500円(doors* 1,800円 / under 18* 500円)
INQ.イベントの詳細、問い合わせはこちら



熊本亜記 Offical Site [www.kumamotoaki.com]
久留米の演劇情報誌 Actor's Cafe [www.actorscafe.jp]

熊本亜記トークライブ&朗読パフォーマンス

熊本亜記トークライブ

劇団四季「ライオンキング」のナラ役で鮮烈なデビューを飾った熊本亜記と劇作家石山浩一郎によるトークライブ。

劇団四季退団後もKBC-TV「Aki's Cafe」ほかテレビ、ラジオのCMなどで活躍する彼女に「なぜ演劇なのか?」舞台への熱い思いを語っていただきます。ひょっとしたら、歌も1曲披露してくれるかも?

この日は他に朗読パフォーマンスとして「花いちもんめ:井上照代」とギリシャ悲劇「エレクトラ:北村 唯、大海 恵ほか」を毎月行っているActor's Cafeに集うメンバーが演じます。

熊本亜記さんファンならずとも、必見のステージを約束します。

DATE.5月27日(金) open.18:00 start.18:30
PLACE.えーるピア久留米 視聴覚ホール
TICKET.1,500円(doors* 1,800円 / under 18* 500円)
INQ.イベントの詳細、問い合わせはこちら



熊本亜記 Offical Site [www.kumamotoaki.com]
久留米の演劇情報誌 Actor's Cafe [www.actorscafe.jp]

市民会館最後の公演



くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部 第7回本公演「STEP by STEP」作・演出/松井 直一。7月で閉鎖が決まっている久留米市民会館での最後の公演が幕を閉じた。

今年当初、演出の松井先生が急逝。急遽、かまほりしげる氏を中心に残された団員が総力を挙げて公演に漕ぎ着けたこの作品は、旗揚げ以来7年間この劇団を引っ張って来た松井 直一先生の遺作となった。

物語は現実の市民劇団「ほとめき倶楽部」を題材にしたもの。慣れ親しんだ市民会館の閉館後を見据えたかのような、劇団の未来を示唆するかのような、松井先生の遺志を感じる作品だった。

公演後の4月7日。劇団員が集合し、今後の活動について議論が交わされる。現時点での団員は総勢27名。市民劇団の名にふさわしく、70代から学生までが混在する。7日の集まりでは、まもなく開館する新しい久留米シティプラザをベースにした活動を目指そうと結論されたが、活動再開となる来月には、幾人が残るだろうか。いや、それとも戻って来る者、新しく参加する者は・・・

良くも悪くも、久留米市民会館時代のような丸抱え体制ではなくなる事は団員誰もが想像する。それでも演劇という表現の場にとどまる者には新しい舞台で創造の場を切り開いていってほしいと願う。

アクターズカフェII [ Actors Cafe' II ] 第2夜



次代の演劇人のための演劇塾 アクターズカフェII [ Actors Cafe' II ] 第2夜の様子です。

石山先生はわたしの高校時代の恩師。当時は現国の先生だった。板書の文字も個性的ならあつかう題材も個性的で今でも覚えているのは漫画家の「真崎守」。

授業で扱った題材は「はみだし野郎の子守唄」だったか「死春記」だったか、もはや定かではないが、国語の授業に漫画作品が登場して来たのが新鮮だった。今でこそ漫画は完全に市民権を得、むしろ映画やTVドラマ、ゲームですらヒット作品の多くはだいたい漫画、ハリウッドからも原作を買いに来るというという時代になったが、当時は漫画と云えば教育の敵だった(苦笑) 今は学校の図書館にもたくさん漫画があるが、当時はもちろん1冊もおいてなかった。

そんな時代に授業で漫画作品が登場してくるので、面白くない訳がない。高校時代は学校の勉強以外はなんでもやったが、総じて授業はどれもつまらなかったのに、興味津々。先生が云おうとすることがすぐに理解でき、共感を得ることも出来た。おかげで石山先生の現国は唯一、結構いい点を取っていた覚えがある。

ちなみに、この会に同席している九州大谷の吉田教授も恩師でこちらには古典を習った。申し訳ないけど、こちらはあまりいい生徒ではなかったが(汗)

アクターズカフェでカメラをまわしながら先生の話を聞いていると、なんだかもう一度授業を聴いている気になるよ。

さて、アクターズカフェII [ Actors Cafe II ] 次回の予定は3月18日(金)18:30〜。演劇に興味がある方ならどなたでも参加自由です。たくさんのお越しをお待ちしています。



Actors Cafe' II 第3回のご案内
 2016年3月18日(金)18:30〜
 会場:シーガルホテル [ Businessinn SEAGULL ] 久留米市花畑1-1-4
 問合:080-3227-8788 ( 今村 )

くるめの演劇情報誌:Actors Cafe' [www.actorscafe.jp]
Actors Cafe' II:フライヤー [actorscafe.jp/actorscafe.II-02.pdf]
Actors Cafe' 2011-:The Movie [actorscafe.jp/archive2012]

アクターズカフェII [ Actors Cafe' II ] 第1夜



アップが遅くなりました。次代の演劇人のための演劇塾 アクターズカフェII [ Actors Cafe' II ] 第1夜の様子です。

第1回目の参加者は17名。年代も現役高校生から70代までと幅広く、舞台経験者や役者はもちろん、小説を書いている方、脚本家志望など多彩な顔ぶれ。これからの運営スケジュールや指針、初顔合わせになる参加者の自己紹介のほか、遠野物語(柳田国男)の中から石山先生が書き起こした朗読劇「砂の墓」を男女二人の役者がそれぞれ演じるという試みが行われた。

次回の予定は2月19日(金)18:30〜の予定。

アクターズカフェII [ Actors Cafe II ]は、演劇に興味がある方ならどなたでも参加自由です。たくさんのお越しをお待ちしています。



Actors Cafe' II 第2回のご案内
 2016年2月19日(金)18:30〜
 会場:シーガルホテル [ Businessinn SEAGULL ] 久留米市花畑1-1-4
 問合:080-3227-8788 ( 今村 )

くるめの演劇情報誌:Actors Cafe' [www.actorscafe.jp]
Actors Cafe' II:フライヤー [actorscafe.jp/actorscafe.II-02.pdf]
Actors Cafe' 2011-:The Movie [actorscafe.jp/archive2012]

Step by Step くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」第7回本公演

STEP by STEP 本年度で閉館が決まっているくるめ市民会館での「ほとめき倶楽部」最後の本公演。

今回はそのものズバリ、市民会館そのものを舞台にした劇団のいわば近似的なおハナシ。

7年目になる同市民劇団の今後は気になるところだが、タイトルからすると今後の活動、あるいはアプローチに大いに期待したいものだ。

日時:2016年3月26日(土)27日(日)
    3月26日(土) 18:30開演
    3月27日(日) 14:00開演
    *開場は30分前
会場:久留米市民会館
入場料:
 一般:前売:1,500円 当日:1,800円
 学生:前売:500円 当日:800円
チケット販売:
 久留米市民会館 TEL.0942-39-2500

CAST:
足立久美子/井上 順子/岡原 千里/織田 冬彦/古賀 法子/古賀 弘子/園川三千代/中牟田淳治/久冨 安子/松本 剛一/吉岡  正/土方智恵子/権藤元二郎/香月 良昭/梅崎 馨菜/徳永  瞳/片渕多喜子/木道 加菜/吉岡 律子/宮崎奈々子/米満 慶子/前原 幸那/森川 愛彩/安徳 智好/釜堀  茂

PRODUCTS NOTE:
 作・演出:松井 直一
 演出補:かまほりしげる
 舞台:藤木 博之 (株)西日本企画サービス
 照明:酒見 輝久 (株)西日本企画サービス
 音響:高原 雄貴 (株)西日本企画サービス
   :弥永 尚子 くるめ市民劇団 ほとめき倶楽部

主催:くるめ市民劇団「ほとめき倶楽部」/久留米市民会館[(株)西日本企画サービス]
後援:久留米市/久留米市教育委員会/久留米商工会議所/久留米連合文化会/朝日新聞社/毎日新聞社/読売新聞西部本社/西日本新聞社
問い合わせ:久留米市民会館  [TEL.0942-39-2500] [URL.kurume-shiminkaikan.jp]



くるめの演劇情報誌 Actors Cafe [actorscafe.jp/archive2016/20160326]

アクターズカフェ [ Actors Cafe' ]いよいよ再開!

actorscafe.II

アクターズカフェ [ Actors Cafe' ]。

アクターズカフェは、2011年に次代の演劇人のためにと始まった演劇講座。週1回のペースで各人の自由参加により、演劇談義から、寸劇発表、器楽演奏、講話などの活動をはじめ、商店街での自由劇場など意欲的な活動を行っていたが、主宰する石山氏の病気療養のため、中断していた。

このムーブメントが、新たに演劇塾、アクターズカフェ II [ Actors Cafe' II ]として、再スタートする。今回は、遠方からの参加者の負担を考慮して、月一回(毎月第三金曜日)の開催となる予定。舞台公演という具体的な目標を決め、毎回、課題を設定しての自宅稽古と、発表、参加者全員での合評などが行われる。

アクターズカフェ II で当面目標とするのは、4月オープンする久留米シティプラザCボックス(100人劇場)でのひとり芝居・ひとり朗読などの舞台公演。ぜひ多くの表現者のチャレンジを望みたい。



Actors Cafe' II 第1回のお知らせ [くるめの演劇情報誌:actorscafe.jp/20160122]
Actors Cafe' II 第1回のお知らせ:フライヤー [actorscafe.jp/actorscafe.II-02.pdf]
続きを読む
SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • 似顔絵師個展 楽日
  • バンデンハーク [Soft Bank Howks]
  • 何もかも小林秀雄に教わった
  • 久留米連合文化会総会
  • SORVETE do UKIHA
  • 勝男菜...の花
  • Butz Choquin DOMINO 1003
  • pear root wood [ウクライナ産]
  • congratulations !
  • 明善オーケストラ45周年
  • 蘭...
  • Brass Message 2017
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search