少しは役に立つ地域情報

100年企業

480gopro


野中町のイワイスポーツサイクルが、100周年を迎えている。イワイさんとのおつきあいは長いが、自転車屋さんで100年ってスゴクないですか?

しかも、2008年に初めて福岡市進出、現在福岡市中央区高砂のZING2(ジンジン)と久留米本店の2店舗を展開、おそらくイワイ史上最高の人気を誇っている。海外著名ブランドの直営店を向こうに回し、今や業界屈指のお店である事は間違いない。

「細々とやってきたからですよ」とイワイさんは云うが、特に近年、トライアスロン、そしてロードバイクの世界ではイワイは文字通りサイクルスポーツの牽引車だった事は間違いない。ひと昔前と違って、多くの人にとって自転車は自転車店で買うものではなく、量販店で買うものに変わった。しかも、10000円もしないのだ。

そんな時代に、云ってみればデフレの象徴的ジャンルで、そうではない自転車の価値を頑なに守ってきた。それどころか、一人一人の体型に合わせ、きちんと整備された自転車は乗り手に風を切る魅力を与えてくれる事を常に示してきた。

折からの健康志向ブームも確かにあったかもしれないが、決して安くはないロードレーサーを駆り、専用のヘルメットを被り、お洒落なコスチュームを身にまとったサイクリストがこれほど大勢、市中を駆け抜ける姿を一体誰が想像しただろうか。

100周年を迎え、イワイスポーツサイクルは全面リニュアル。さらに素敵なショップに変貌をとげている。垂涎の的の著名ブランド車がずらりと並ぶ様は壮観だ。見ているだけでもとても楽しい。ここに集った仲間と共に走る魅力を見つけた人もいるだろう。一人で走るのが好きな人もいるだろう。その一人一人を大切にするイワイの姿勢が、多くのファンを惹きつける。

大袈裟ではなく、これは一つの文化の創出に他ならないと思う。使い捨てではない、価値ある文化を担うにふさわしいツールが、そしてそれを理解するスタッフがここには確かに存在する。皆さんもぜひ一度、足を運んでみてください。

けしけし祭

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

24日、初めて青木繁の碑前祭「けしけし祭」に参加してきた。

青木の菩提寺は日吉町の順光寺。この日集まった100数十名は、それぞれ思い思いに墓前への参拝を済ませ、集合場所の日吉神社から、大型バス2台に分乗してけしけし山(かぶと山)へと向かう。

眼下に筑後平野を望み、青空が広がる好天だったが、桜の開花直前のこの日、山の空気はまだまだ 冷たく鮮烈だ。普段は施錠されている山頂の石碑前に大勢集まって、献酒、献花、献茶、献歌・・・次第に従って粛々と碑前祭が執り行われてゆく。

例年この碑前祭では、地元山本小学校の子どもたちが青木の研究を発表し「母いますくに」を合唱する。その後即興の書画が描かれ、碑前祭は終了。用意されたカッポ酒をいただき、昼食をとってひと時を過ごす。

しかし、毎年のことらしいが、よくこんなにたくさん集まってくるもんだと感心する。久留米での青木繁の絶大な人気に改めて刮目するが、それにしても今年で66回目の開催。この長い顕彰活動を続けてこれたのは、連文(久留米連合文化会)の存在がかなり大きく寄与している。

取材の為、今回はバスには乗らずにバイクで同行したが、次回はぜひカッポ酒をいただきたいね(笑)

動画は、野田 弘樹氏と子どもたちによる書画のパフォーマンス。


久留米連合文化会official website [March 24, 2019] [renbun.jp/2019/0324]

青木繁旧居 開館16周年記念華道展

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。
青木繁旧居でこの時期に毎年行われている華道展に行ってきた。

僅か28歳で夭折した郷土久留米の天才画家、青木繁。毎年この時期に行われる青木の碑前祭「けしけし祭り」に合わせて旧居で草月流 中野松芳社中による花展が行われている。華道展は今年が14回目。

ここに来るのは何年振りか。以前訪れた時には無かった青木の作品のレプリカが飾られている。代表作「海の幸」「わだつみのいろこの宮」そして自画像など数点。

う〜ん・・他の作品はともかく「海の幸」は、ここでは狭すぎる、という印象だった。なんと「大きく」見えるのだ。旧石橋美術館(久留米市美術館)にあった本物を初めて見たとき、こんなに小さかったのかと驚いたものだが、これは久留米の人ならみんな同じ気持ちになったと思う。久留米の人がよく目にしていた「海の幸」は旧久留米市民会館の巨大な緞帳のはずだから。人の印象とは結構あてにならないものだね。

華道展は2日間で終了だが、青木の絵は常時飾られている。時間があればぜひお越しください。意外と大きい?「海の幸」に出会えます(笑)



久留米連合文化会: [March 23-24 2019] [青木繁旧居 開館16周年記念華道展]

青木繁旧居保存会:830‐0042 福岡県久留米市荘島町431 [TEL. 0942-39-3575]
*『海の幸』 明治37年(1904) 油彩 67.0×178.7cm

第63回久留米宝恵駕行列:市庁舎表敬訪問

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

濡れて行こう・・・と云うには、ちょっと肌寒い春雨だったけど、久留米宝恵駕行列の市庁舎表敬訪問が行われた。

平成という元号を締めくくる宝恵駕、今年は大久保新市長になって初めてのお目見え。稚児さんを乗せる駕籠の担ぎ手も、今年からは久留米大学アメフト部が担ってくれている。福笹を渡す福娘の二人も今日は久留米大学のお嬢さんたち。

本番は春分の日の3月21日。日吉神社から六ツ門、商店街、西鉄久留米駅へと市中を練り歩く。本番、晴れてくれんかなあ(笑)

第63回久留米宝恵駕行列

480hoe

午後からの春雨は少々肌寒いものの、日中の暖かさは早くも陽春の気配。

今年も春分の日の3月21日、稚児さん行列がカワイイ宝恵駕祭りが行われます。昨年は雨で、商店街を急ぎ足で巡った行列でしたが、いいお天気になるといいですね。

本番に先立って、3月6日には久留米市庁舎への表敬訪問も予定されています。

幸福の木

001

久しぶりにDracaenaに花が咲いた。前に咲いたのが2017年だから2年ぶり。花が咲くこと自体、すごく珍しい事だけど、結構気まぐれなのか。数日前から蕾をつけていて、そろそろだなあとは思っていたが「今、咲いたよ!」と告げるように、強烈な薫りを放っている。夜に花開き、朝になるとそっと閉じて眠りにつく。そう、この子は夜行性。

ところで、前に咲いたときも満月だった。今夜はスーパームーン・・・まさか、知っているわけじゃないよね>Dracaena :-)

過去記事:Dracaena [幸福の木] [December 04, 2017] [kurumejin.jp/51672540]

宇宙を編む... SAGEMON

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。
いただいていた「さげもん」をひとつ下げて写真をアップしていたら、製作された方から、あれも、これもと...計三つの豪華な「さげもん」がずらりと。

宇宙を編む、と形容されていたのはこの鞠だったっけ。でも本当によく作ってあるなあと感心しきり。今年はとても豪華な雛飾りになりました。大切に飾らせていただきます。

1 hour radius Holiday? 半径1時間の休日

*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

仕事柄、なかなか丸一日の休日は取りにくい。で、どうしても近場で過ごすことが多いけれど、そう考えると久留米はなかなかに佳い立地。

別に観光(宿泊)業界だからぢゃなくて、すぐ近場は豊富な自然に恵まれているし、高速を使うことを視野に入れるなら、呼子や糸島、志賀島からレトロな門司などの北部九州、日田、別府、おおいたなどの東九州、雄大な阿蘇や豊富な温泉地がある中九州、有明海から異国情緒たっぷりな西九州など、どこも久留米を起点に日帰り散策が可能。

・・ということで、日帰りならぬ半日休暇のこの日。絶景の天然温泉も堪能しました(笑)
そうそう、梅林寺の梅も、まもなく満開です。

SARU

01

日にちが前後するけど、日吉神社で節分の日にだけ行われる日吉神社の猿替え。 孫がふたりになったので、ふたついただいてきました(笑)

この節分厄猿、ホントは裏に貼ってあるシールの番号でいろんな景品が当たるんだけど、今年も引き換えの期限は過ぎている(苦笑) ま、景品が目当てで買い求めているわけではなく、縁起物だし、カミさん的に云えば、この猿、なんとも愛らしいというのが朝から神社に来る理由。

何を幸せと思うのかは、ひとりひとり違うけれど、その手にぎゅっと「幸運」をつかんで生きていってほしいと願う。
子にも孫にも。

久留米宗社 日吉神社 [kurumesousya.main.jp/hiyoshi/]

Risshun, Lichun

480

立春・・・でも、特に今日は陽春とも云える暖かさだった。
このお雛さまも31回目の(笑) お目見え、です。

昨年から今年、ほぼ同世代での逝去の話が続く。
生き残っているわたしには、まだまだ何かの役回りがあるんだろうなあ。

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • ワーニャ伯父さん
  • Mother's Day
  • 100年企業
  • サボテンの花
  • 一雨ごとに...
  • ハロゲン球とLED
  • 「まご」に、衣装
  • 第63回久留米宝恵駕行列
  • くるっぱ焼き?
  • 幸福の木
  • 2019 ちよこれいと.
  • St.Valentine's Day
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search