少しは役に立つ地域情報

幸福の木 Dracaena


*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

滅多に花が咲かないと云われている幸福の木。我が家では2年おきくらいに花を付けているけど、今年は2年続きで開花した。

この花、夜にしか開かない?昼間はそうでもないが、夜になると割と強い芳香を放つ。人によって好き嫌いはあるようだけど、何というかまあ石鹸のようなコスメな薫り。開花はしばらくの間だから、このままに。

幸福をもたらすと信じて(笑)

巨大 わらかがし

001

筑前町の「巨大 藁かがし」

今年のテーマはティラノザウルス、実物大の高さ8.5m。すごい迫力...いつものことながらよく出来てるなあ。今年は8作目だが、ほんと感心するよ。

最初の年は確か巨大イノシシだった。もののけ姫に出てくる「巨大 乙事主(おっことぬし)」そのものでその迫力に驚かされた。

毎年楽しみな素晴らしいアートだ。

TOMIMATSU HONKE

000

秋晴れのいいお天気に誘われて久しぶりにチョイ乗り・・・
あちこち汚れや錆が浮いてきとるなあ、明日はバイク磨きでもするかな。

帰りしな、和菓子を少し買いました。カミさんと二人分。
ん〜〜〜、相変わらず美味しい・・・優しい味。

ここは同級生のお店。いちいち、声はかけずに帰ります。
また来るよ(笑)

つわものどもが夢の跡

000

10月9日、第28回発心コンサート終了。これで今年の主要イベントは全部終了。

28回だけど、途中2回開催なしの年があったので、今年は30周年ではあった。1回は昨年、コロナ禍で急遽中止に。もう1回はまだ草野町の発心公園でやっていた頃の2008年。特に理由はないのだが、この年はなぜかTARZANもわたしも開催するのを忘れていたというお粗末(苦笑)

水の祭典は今年で51回目だった。これもかれこれ30年近く世話人を続けている。あと毎秋に行っているDr.BUNBUN子ども医学部。これはまだ?10年。若い時は単発のイベントもあれこれとやっていたけど、今関わっているものはどれもこれも息が長いライフワーク的なものばかり。

イベントによっては、今すぐ手を離すことができないと感じるものもあるけど、そうは云ってもいつまでもはできない。いつか老兵は去る時が来るのさ。ま、死なずに只立ち去ることが出来ればいいなと思うこの頃です。

盂蘭盆会 2022


*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

昨年はコロナ禍で行けなかったので、母にとっては初めての精霊流し。
風が強くて、一斉に流された灯籠はみんな川上へ向かっていた(苦笑)

子どもの頃の筑後川の精霊流しは結構迫力があって、もちろんそれなりの分限者の家に限られるが、2-3mはある鐘楼舟に果物などを満載して、締め込み姿の男衆が川の中程まで担いで行って流していた。

そのうち、下流でこの残飯による流行り病が問題になり、火をつけて流すようになったけど、今はもうそんな大掛かりな精霊舟はお目にかからないねぇ。

何も関係ない他所のウチの鐘楼舟なんだけど、でもそんなダイナミックな光景が子どもの頃の記憶として焼き付いていて、お盆にはそれを見るのが楽しみだった。


初めて父母の名前を連記し、義父の灯籠と一緒に流す。
みんな彼岸で仲良くやってくれ。

また来年ね。

Half Moon

002

2022年8月4日。
まつり本祭が終わった夜。撤収作業の最中、気がつくと綺麗な月が出ていた。
上弦の月 月齢 7.4。 Half Moon。

開催が危ぶまれていた今年の春から、例年よりも2週間以上遅れはしたものの、どうにか開催決定を取り付け、開催準備開始。

コロナ禍の状況も二転三転・・、特にここ最近の感染者数激増で急遽泣く泣く出場辞退するチームも続出。昼間のパワーストリート出場団体にはあまり影響はなかったものの、最後のそろばん総踊りは例年の4分の1、25団体 1729名となっていた。

本当によくこのフル開催に漕ぎけることができたもんだと思う。

まつり見物に訪れる観客数も、意外と結構多いなとは思えたものの、やはりそこは欲目だろうか。例年のとてつもないボリュウムとは違う。

半年間にわたって、準備を進めてきた企画委員の皆様、そして1,000人を越す当日運営方の皆様、全ての方々に感謝いたします。
来年こそは、ケレン味なくフルムーンの開催が行えることを願って。

[くるめ水の祭典振興会理事 企画委員長]

ナンジャモンジャの木

IMG_0623

花畑界隈の街路樹「ナンジャモンジャ」が一斉に白い花を咲かせはじめた。
雪が降り積もっているように可憐な花が咲く。
新緑の季節はすぐそこ。

過去記事:ナンジャモンジャ [April 24, 2010]

南蔵院涅槃像と呑山観音寺の桜


*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

4月も中旬に差し掛かり、染井吉野もかなり散ってきたので、どこか今が盛りのところはないか考えていたところ、昨年(2021年)7月に日本花の会より新種として認定された「福聚桜」なる桜が、呑山観音寺の本堂脇にあるとの記事を見つけた。半八重白花の桜らしい。

場所を検索すると、涅槃像で有名な・・というか宝くじを引き当てたご住職で有名な南蔵院のすぐ近くだった。ここも機会があれば行ってみたいところだったので、早速カミさんとお出かけ。

初めて見た涅槃像は想像通り結構な迫力だったが、優しそうなお顔が印象的。それに周りにたくさん並んでいる小さな仏像が、やけにリアルで、そっちも気になった。

お寺のすぐ前にある古民家の蕎麦屋で昼食を取ったが、バス停には1日1本しか時刻の記載がない。しかも土日は運行なしと書いてある。クルマの往来は結構あるようだけど、涅槃像がなければ本当に人里離れた静かな山寺っていうところだろう。

南蔵院を後にして、呑山観音寺へ。ここもまた、ひっそりとした佇まい。お目当ての「福聚桜」は薄紅色を纏った白っぽい花で、とても可憐な風合いだった。

お寺を2社、梯子すると行く先々で結構小銭がたくさん必要。寺の経済学はわからないが、まあ大事なところ?
それにしても寺社詣をするトシになったのかもね(笑)

@久留米高校


*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

校舎の新築工事が進む久高。今はまだ旧校舎からの移行中で、完成したわけではないが、なんとまあ近代的な校舎に様変わり。

ここ数年で、県南の県立高校は順次新しい校舎に更新されている。久高も新校舎への引っ越しが終われば多分年度内に旧校舎は取り壊されるわけで、そうなると、我々が在校していた当時の建物はすべてなくなる。

水球ができる設計だった校門横の水泳部のプールも、その脇の屋外のバレーボールコートも部室小屋も、古めかしかった講堂も食堂も、あちこち穴だらけで、雨が降るとびしょ濡れになっていた体育館も武道場も、部室長屋も、出来たばかりだった当時最新の視聴覚室も今はすべて無くなった。そして毎日お世話になったおばちゃんがいた駄菓子屋の「みやす」も。

清々しいくらいの無くなりかただな(笑)

ま、新しい水夫は新しい船で新しい記憶を紡いでいけばいいさ。年寄りの感傷など気にしていたら先には進めんもんだ。

端午の節句


*slide show, PC-mode only *スライドはPCモードオンリーです。

4月3日で雛飾りも終了。ラウンジのディスプレイは端午の節句モードに。毎年思うけど、華やかな雛飾りから一転して無骨なイメージに(苦笑)

今年は満開が長く続いた気がする吉野桜も、今日あたりは風に吹かれて花吹雪を散らし始めている。これからは八重桜の季節。この辺りでは池町川沿いの関山が綺麗だけど、我が家の関山も出遅れないようにしっかり花を開き始めた。

同じ桜でも吉野桜とは一味違って、満開時には美味しそうな桜餅みたいになるもんね。カミさんがせっせとお世話しているカフェのシンビジウムや胡蝶蘭も次々に花を開いてきた。街路のナンジャモンジャも芽吹き始めている。春から新緑へ。この時期、花の便りは駆け足で行き過ぎていく。

SOCIAL NETWORK
facebook twitter
FAVORITE LIFE
  • サムライBLUEなXmas
  • 巨大 わらかがし
  • 昭和の匂い ...orz... Drill bit broke off
  • TOMIMATSU HONKE
  • つわものどもが夢の跡
  • Born to be Wild
  • Half Moon
  • Father's Day
  • ideal weather for ride
  • 少しづつ、少しづつ...Brass Message 2022
  • Paterson [movie, 2016 USA]
  • 十割蕎麦(2)
MONTHLY ARCHIVES
SEARCH
Google

IN SITE  WWW Search